ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Archive [2009年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

【留絵77】西方の三賢人(4)

(77) 留学絵日記 第三章 「SOMOS LOS TUTORES」 スペイン語で「人生の指導者、導く者」の意味**********************************その日のランチに、早速、Mおじさんの仲良くしている某日本食料理屋さんに定食を食べに行きました。食卓では、バルセロナで遭遇した数々の災難のうち、手始めに、初日に寮に部屋が無くて苦労したことを面白いネタのつもりで話すと これが、R...

【留絵76】西方の三賢人(3)~プロフェソールR、かく語りき~

(76) 留学絵日記 第三章 「SOMOS LOS TUTORES」 スペイン語で「人生の指導者、導く者」の意味********************************** さあ、やってきましたマドリード。MおじさんとR教授が暮らしているピソはマドリードの中心地、ソル広場や王宮、プラド美術館などの騒々しい観光の中心地からはぐっと離れたところ、近代的なマンションが建ち並ぶ住宅街にありました。 ...

ダブルウィルス

世の中は豚インフルエンザで大騒ぎですが我が家では、息子Rが昨日からお熱になってしまいました。様子をみていても、インフルじゃなさそうなので心配はないのですがついでに夫も私も少し発熱。今週末は家族三人でひたすら寝ていました。更新、しばらくお待ち下さいませ・・・  ********************************** いつも応援ありがとうございます(^^)  FC2ブログランキ...

【留絵75】西方の三賢人(2)~メセタ横断~

(75) 留学絵日記 第三章 「SOMOS LOS TUTORES」 スペイン語で「人生の指導者、導く者」の意味**********************************快適さと速さを選ぶなら飛行機だしでももうちょっと安くしたいと思えば電車がある。なのにどうしてバスを選ぶ?バルセロナ~マドリード間のバスは、バルセロナ北バスターミナルから出ています。もとは国鉄の駅舎だったというバスターミナルの建物は...

【留絵74】西方の三賢人(1)

 (74) 留学絵日記 第三章 「SOMOS LOS TUTORES」 スペイン語で「人生の指導者、導く者」の意味**********************************私が人生で始めてスペイン人に出逢ったのはまだ小学生の頃のこと。  我が家は、父も母も明るく積極的な性格でそれをそのまましっかり受け継いで、はきはきと闊達で友人も多い姉と、私は正反対。誰の遺伝子を受け継いだのか引っ込み...

連休が終わった~~

 様々な予定でいっぱいいっぱいの連休がどうにか終わりました。今日からようやく日常復帰。しかしながら、脳の中の日常復帰はもうしばらくかかりそうで久しぶりに集中して絵を描いているうちに浸水?いえいえ。足元に雲が漂ってふわふわしていますからいまだ脳内はゴールデンウィークなのかも。*******************************ディズニーランド。去年は息子Rの体調が優れず、そして今年は豚...

日光・例幣使街道

 遠く東の果ての国、日本にまではるばる観光にやってくる外国の方々に東京・京都についで人気なのが実は日光です。東京から日帰りできる世界遺産ですものね。連休最後の日、ちょっとドライブへ出かけたのは日光街道の一部、例幣使街道。壬生から日光市まで続く世界一長い並木道。延々と続く杉は、現在約1万2千本。杉並木が作られた当時は2万4300本。この杉を寄進したのは松平正綱さんという武将。彼は実は17歳のころから...

見ることの不思議(2)

さて、前回の記事にひきつづき、ザリガニのお話を・・・・。(そしてちょっとだけ、昔の回想を含みます) しかし、どうにも最初の一匹が見えません。小さな頃からお父さんに連れられて海に川にと釣りに行っていた夫は「目が慣れてるんだよ」とちょっと自慢気。私はかなり本気になってザリガニを探します。胸のあたりがなんだか激しくもやもや。見えるべきものが見えないと、我慢がならないのです。ああ、この、感じは。***...

みることの不思議(1)

 ざりがに、いる?ほら、そこだよ。小さいのが、一匹、歩いてる。ええ、どこに。見えないよ。いるじゃん、ホラ、すぐ目の前だよ。*****************************週末に、夫とRとよく行く県南体育館の運動公園に浅い小川が流れていてホタルやザリガニつりなどでこどもたちが集まってきて賑わっています。夫も小川をひょいとのぞきこんで「ほら、あそこにいるよ」と言うのですが私には、川の中の...

隠れた名店?

 『モンテ・ロッソへいかなくちゃモンテ・ロッソへいかなくちゃ』江国香織さんの小説のイメージ。どこかへ行ってみたいという気持ちに理由が必要?夢に見たモンテ・ロッソに、長い旅路の果てにたどり着いた主人公の猫は来たかったピンクの壁の前でうたた寝しているうちにいつしか壁の染みになってしまいます。ちょっとさみしいような結末でわたしならこんな結末にはしないと思うけれどどこかへ無性に行きたくなる気持ちはよく...

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。