ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【留絵67】ラウンド3

(67)


留学絵日記 第二章

「でも、僕らは違う」 

留~学生になった~ら♪

留~学生になった~ら?♪

友達何人でっきるかな?♪ 
**********************************

ラウンド3

学校が終わってから、

ノイさんと約束した、近所のスーパーの案内をするために、

隣のピソに来てみると・・・

ノイさんを誘いにきました

キッチンのほうからなにやら強烈な芳香が漂ってまいります。 

もわっと

この香りは、おそらく、ナンプラー?

タイ料理にはそれほど詳しくないのですが

パクチーなど、独特な香りのする食材が多いですよね。

その香りがキッチンから廊下へと

もわ~~~んと漂ってきていました。

きっとノイさん、国から持ってきた何かを

キッチンで調理したのでしょう。

そこへノイさんが、廊下の小部屋からひょっこりと現れました。

ノイさん「メイ、こっち、こっち」

通路側の部屋だとばかり思っていたのですが、

なぜそこの部屋から?

 

あれ?違う部屋? 

外へ行こう、そこで詳しく話すよ、

ということでしたので、

ノイさんと一緒にスーパーに向かいました。

その道すがら、ノイさんが、

何があったのかを話してくれました。

昨夜、ノイさんが部屋で仕事をしていると、

突然セニョーラがやってきて、

ノイさんが使っている部屋を別の人に使わせたいから

今すぐ荷物をまとめて、廊下の小部屋に移るように、と

言いに来たというのです。

セニョーラは、

ノイさんが街の騒音に苦情を言っていたことを指摘して、

廊下のこの部屋なら、うるさくないから、

あなたにもそのほうがいいだろうと言ったそうです。

 

スーパーへ行く途中・・・ 

廊下の小部屋はとても小さくて

(日本の感覚で4畳半くらいでしょうか)

ベッドと小さな机と椅子、

そして衣装ケースが一つだけ入るともういっぱいいっぱい。

それに窓もない部屋です。

確かに窓がないから、騒音はないけれど。

でもセニョーラの言い分は、どうにもこじつけに聞こえます。

真夜中に、有無を言わさず

小さな部屋に移れ、だなんて。

でも本当に、セニョーラはそんなことを言ったの?

本当なら、どうしてそんなことを?

信じられない・・・ 

これが本当なら、

ノイさんが怒るのももっともです。

でも、今までセニョーラ一家の親切を

少なからず受けてきたわたしには、

セニョーラがそんなことを言ったなんて

にわかには信じられなくて。

何か行き違いがあるのではないかと思ったのです。

セニョーラ一家とノイさんの間には

通じない英会話という言葉の壁があるから。

だから、ノイさんに、

セニョーラ一家は本当はそんなに悪い人たちじゃないよ、

なにか誤解があるんじゃないかな・・・って言ったのですが

ノイさん、怒る 

ノイさんは言いよどんで

そしてハッとしたように言葉を切りました。

言い過ぎた、言うべきじゃなかった、

と、ノイさんの顔に書いてあるような表情でした。

途中でやめないでよ

ノイさんは、今、何が言いたかったのか。

途中でやめられてしまったら、

真意はわからないけれど

でもなんとなく言いたいことが

察せられるような気もして。 

どよどよどよ~~~~ん 

ものすごく気まずい雰囲気に。

ああ。

なんでこうなっちゃうのかな。

ただ、近所を案内して、スーパーでお買い物をお手伝いして

ちょっとおしゃべりして仲良くなれたら、

近くの観光スポットにも

一緒に出かけられるかもって思ってただけなのに。

そうだ、そうだ、そうでした。

今日は初めからそのつもりだったのでした。

スペイン語が話せないノイさんにとって、

街を観光して歩くのも一苦労だろうなって思って

良かったら、一緒にどうかなって

そう思っていたのでした。

今からでも、仕切りなおししてみましょう。

打開! 

というわけで、私たちは

買い物したものをピソへ置いて、

寮から歩いて3分ほどの

カサ・ミラへ向かったのでした。

*******************************

明晴学園中等部設立支援! 

当ブログでは、日本手話で学べる中学部の設立を応援しています(^^)

*******************************

 

コメント、拍手コメント、ありがとうございます(^^)

お返事が遅れ気味で申し訳ありません。。。

ひとつひとつじっくり考えながらお返事しているので時間がかかってしまって・・・

今夜は先に次の記事をアップさせていただきました。

 

***********************************

この度、「エッセイ・ブログ大賞」大賞を頂きました。いつも応援ありがとうございます(^^)
   

FC2ブログランキング・海外ブログ村に参加中
 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

お気に召しまして?人気ブログランキングへポチっとね。

留学絵日記(68)

Comment

う~ん・・ですね~ 

ノイさんとは一触即発の関係のセニョーラ達。
ただ、何個か前のお話でエマさんがソイソースの匂いがダメって言っていたようなって事は魚醤のナンプラーの匂いは香りではなくて臭いなんですよね~。
私たちには、食欲をそそる香りが匂いでしかない日本人でもナンプラーやパクチーには拒絶反応を示す人もいるし・・・。
ノイさん以前にも東南アジア系の方でマイナス感情を持つ賃貸者がいたとか何かまずいことの重なり合いだと思えますね~。
あとは、ラテン系に受けの良いオープンな方(ハコボ)とある意味クローズな方(ノイさん)・・・・。
見た目じゃなくて放つオーラが違うと言うか
日本人控え目と言うかあからさまに差別だ~グルルル的な態度は出さないから特にメイさんは、東洋・西洋中間イメージだと思うと確かに受け入れられる側だと感じるし、
ノイさんにジャングルくろべぇを感じるの・・・私だけ?
僕の国のやり方だ僕は自分の国じゃぁこうなんだ、僕は僕は僕はだって主張しなきゃいけないんだろ?!なんだかそういう気持ちの壁がナンプラーの匂いからも漂いそう・・・。
メイさんでも、お醤油の匂いでさえも気を使ってるのにね~。
マリアさんやエマさんも本当は文句を言いたいところを言葉が通じない通じあえない雰囲気からだんだんぶっきらぼうになって行ってしまう。
悪循環ですね~。
私の偏見バリバリですが、中国の方やその他の日本外アジアの方って都合が悪くなると言葉が分からないふりをするようなイメージがあると言うか・・・。
そういうふうに相手に受け取られているかもしれないんですよねノイさんの態度・・・。
ネガティブに構えると思ったとおりネガティブにしか反応は帰ってこないアドバイスも忠告もそのネガティブフィルターを通すから意味はなさない。
当時のメイさんに会えるなら、
かわいそうだけど彼から距離を置きなさいよ~っと言いたくなっちゃう彼にはそれなりのインテリジェンスはあるけれど多文化を受け入れるだけの心の許容量がないのだから手を出せば出すほど傷つくよ~っと行ってしまいそうです。
もうすんじゃったことだけどね(^^;)
  • posted by らいち 
  • URL 
  • 2009.03/27 07:38分 
  • [Edit]

 

セニョーラも大人げないですね。夜中に窓の無い小さな部屋に移れだなんて、、。しかも、騒音で文句を言ったときに、提供するなら分かるけど,、他の人が来たからって、、。かりにも、ノイさんから家賃をもらっているんでしょう??
そういう態度をするのなら,自分の好きな人種にだけ貸せばいいと思うのですが、、。
確かに,匂いについて,ノイさんも気がつかなのは?と思いました。学会で色々なところに行っているのならその辺の常識はまなばなかったのでしょうか?
セニョーラの良いところも知っているメイサン,なんとか,中に入って役に立ちたいという姿勢、、私もそこにいたらそうしたと思いますよ。
  • posted by ワクワクドキドキ 
  • URL 
  • 2009.03/27 09:54分 
  • [Edit]

らいちさんへ 

らいちさん、コメントとっても鋭いです(^^)
よくぞ、エマが、「おしょうゆ苦手」って言っていたのを
覚えていらっしゃいました。
この後、それが、出てきます・・・。

らいちさんは、パクチーなどは大丈夫ですか?


> あとは、ラテン系に受けの良いオープンな方(ハコボ)とある意味クローズな方(ノイさん)・・・・。
> 見た目じゃなくて放つオーラが違うと言うか

うん、オーラ、違います。
人間の持っているオーラって、その時のその人の気持ちや、態度や
状況や、いろいろな要素が合わさってできるものだと思うのですが
この二人は対照的でした。
ただ、結果として、この先の展開にも関わってくるのですが
二人とも、私とは違う立場だったので・・・・
友達なんて、そう簡単にできないものですね、ぐすん。

> 日本人控え目と言うかあからさまに差別だ~グルルル的な態度は出さないから

それはありますよね。
私は、割と、出すほうなんです。
差別だ!って感じると、言わずにはいられないタイプで。
だまって耐えることが美徳だとは、ちっとも思わないのです。
そういうときには、
同じ日本人から、陰口たたかれたりもしました。
果たしてそれが本当に大人の態度なのかと、
それがまた、黙っていられなくて・・・(^^;)
ああ、まあるく、なりたいなあ~~(苦笑)

> 僕の国のやり方だ僕は自分の国じゃぁこうなんだ、僕は僕は僕はだって主張しなきゃいけないんだろ?!なんだかそういう気持ちの壁がナンプラーの匂いからも漂いそう・・・。

らいちさん、その通りです。
このとき、ノイさんを見ながら、わたしは到着直後の自分を見ているようで
ノイさんの気持ちがわかるのに、それでも
100%ノイさんに賛成できなかったのです。


> マリアさんやエマさんも本当は文句を言いたいところを言葉が通じない通じあえない雰囲気からだんだんぶっきらぼうになって行ってしまう。
> 悪循環ですね~。

はい。悪循環そのものです。

> 私の偏見バリバリですが、中国の方やその他の日本外アジアの方って都合が悪くなると言葉が分からないふりをするようなイメージがあると言うか・・・。
> そういうふうに相手に受け取られているかもしれないんですよねノイさんの態度・・・。

あ、そうかも。それもあったかもしれません。
理解しあおうとするよりさきに、
自分と彼らは違うのだ、と
決め付けるほうが先にくるんですよね。
そうじゃないのに。
それだと、何も、生まれないのに。

> 当時のメイさんに会えるなら、
> かわいそうだけど彼から距離を置きなさいよ~っと言いたくなっちゃう

きっと、私の周囲の大人たちも、
このころのことをオンタイムで知っていたら、
わたしに同じようなアドバイスをくれたのでは、と思います。。。。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.03/27 16:29分 
  • [Edit]

ワクワクドキドキさんへ 

> かりにも、ノイさんから家賃をもらっているんでしょう??

・・・そうです、はい。
一体、どんな事情があって、そういうことになったのか、
一方から聞いた話だけでは判断できないと思うのですが
と言って、わたしからセニョーラに理由を問い詰めるっていうのも、
なんだか変で・・・。

> 確かに,匂いについて,ノイさんも気がつかなのは?と思いました。学会で色々なところに行っているのならその辺の常識はまなばなかったのでしょうか?

そうですね。
ただ、私もそうだったのですが、
到着初日で、食料品の買出しが間に合わないと、
どうしても手持ちのものを食べるより他にないことってありませんか?
ノイさんも、そうだったんじゃないかな、って思います。
でも・・・わたしはついつい、ノイさん贔屓な見方をしてしまいがちなのですが・・・。

野球でも、負けているほうをどうしても応援してしまうというか(^^;)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.03/27 16:39分 
  • [Edit]

 

なんだか、ちょっぴりノイさんと気まずい感じになってしまいましたね・・・その後のカサ・ミラはどうだったのでしょうか?
何が言いたかったのか気になるところですが、彼の言いたかったことを先週(?)の予告イラストで推測しているところです。
でも、、セニョーラの件もヒドイですね。私はキャラの割りに親切なセニョーラのファンだったので、当時のメイさん同様信じたくないですが・・・
だって窓もない部屋でしかも4畳半!?他にも部屋ありそうなのに。。なーんて、事情をロクに知らないくせに、問答してしまいます。

ところで、ご相談なのですが、私のBlog上でメイサンのBlogを紹介させて頂く記事を書きたいのですが、以前私のBlogを紹介していただいたイラストを使用させて頂きたいのですが、ご検討いただけますか?百聞は一見に如かず、で、メイさんのBlogの面白さを多くの方に伝えられたらと思いまして。
ご検討宜しくお願いいたします。
  • posted by tortilla 
  • URL 
  • 2009.03/27 20:23分 
  • [Edit]

tortillaさんへ 


> 何が言いたかったのか気になるところですが、彼の言いたかったことを先週(?)の予告イラストで推測しているところです。

はい、この続きで、彼が言いたかったことが、明らかに・・・
っていうか、私が言わせてしまうというか・・・(^^;)

> でも、、セニョーラの件もヒドイですね。私はキャラの割りに親切なセニョーラのファンだったので、当時のメイさん同様信じたくないですが・・・

うん・・・本当のところは、
ノイさんの言うことも正しかったのだと思います。
人には、いい面と悪い面とが同居しているのが、やっぱり普通っていうか。
だからっていって、悪い人だって決め付けられないんですよね。

> だって窓もない部屋でしかも4畳半!?他にも部屋ありそうなのに。。なーんて、事情をロクに知らないくせに、問答してしまいます。


そのノイさんの移った部屋が一番狭い部屋で、
確かに騒音はないけれど・・・
他の部屋はまだ改装中だったのです。
そこのところは本当です。
ただ、何が本当で何が本当でないのか、
あの頃にはわからなくてとても混乱してしまいました・・・。

>
> ところで、ご相談なのですが、

ご相談の件、ありがとうございます(^^)
先程、お写真を拝見しました。
んまあ~~~tortillaさん、アジアンビューティーの王道ですわ!!
相方さんが惚れちゃうの、わかる~~
今、構想を練っています。
描くのが楽しみです♪相方さんの腕もクローズアップして研究しなくちゃ!
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.03/31 23:57分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。