ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【留絵82】コラソーンアビエルト

82


留学絵日記 第三章

「SOMOS LOS TUTORES」

 スペイン語で「人生の指導者、導く者」の意味


**********************************

のりこさんの部屋は一人用の狭い部屋でしたが

すでにひとり先客が。

鬼太郎ヘアーのヨースケ君

鬼太郎ヘアーの日本の男子。

寝ぼけたような(それが地なのかも?)様子で

私を見るその目は

とっても胡散臭そうな、半目。

 

拾われたの? 

あっ!!「拾う」です、すみません誤字です!

友好感ゼロです。

拾ってきたって、ナンでしょう。

わたしは猫じゃないです。

拾われた覚えもないです。

むむっ

 のこのこついてきたのは本当だけど

お茶したら帰るわよ、悪かったわね。

つい、売り言葉に買い言葉で答えてしまいそうになりましたが

のりこさんが間に入ってくれました。

お説教~~ 

ここも、「拾う」・・・です

そういう事情でしたか 

のりこさんの話によると

ヨースケ君とのりこさんが初めて会ったのはパリの宿。

バックパッカー同士気が合って

パリをちょっと一緒に観光したりしたあと、

のりこさんはマドリードへ、

ヨースケ君はパリ南部へ。

そしてその後、ヨースケ君もフランスからスペインへ。

電車がアトーチャ駅に着き、

駅の植物園で休憩しているとき

電車から降りて気を抜いていたのか、ひったくりに遭ってしまい

パスポートやカードや旅券などの重要書類の入った鞄を

盗られてしまったのだとか。

それですっかりスペイン不信に陥り、

疲れきって宿を探す気力も(お金も)なく、

駅のベンチで眠ってやる、と腐っているところを、

たまたま通りがかったのりこさんが発見。

世界は狭いですね~、良かったね、ヨースケ君。

みんなでお茶を 

ああ、ここも・・・「拾う」・・・すみません、絵の修正って結構大変で・・・(><;)

あのオヤジ、というと、さっきのニコちゃんマークの?

のりこさん「そう。でもそれはヨースケ君の言うとおりかも。

ここに連れてきたのは本当にかわいそうだったからなのよ、

あのおじさん、スペイン語どころか英語だって怪しくて。

でも、それ以来、やれ観光に行こうだの、

ご飯はどこで食べたらいいかな、だの

ショッピングに付き合ってだの、

うざったいったらないの。

自分で行けばいいのに、

「だって怖いな~」なんて言って、ひとりじゃ何もしないで

いつも誰かに頼りっきり。

なんのために旅してるのか、全然わからないんだもん。

私、ああゆう、ひとりで何も出来ない人にべったりされるのって

うざったくて我慢できないのよね」

だから、手助けするときだって、ちゃんと人を選ばないと駄目なんだよ、

と、ヨースケ君。

ヨースケ君「だれかれかまわず、オープンすぎるんだよ、のりこさん」

のりこさんは苦笑いしながら、

「ん~、でもね~、あのオヤジの場合はたしかにマズかったけど

でも基本的には、私はオープンでいたいんだよね~。

だってさ、日本で仕事してるとさ、

毎日職場で嫌な上司と付き合ったり、

面倒なお客様の担当になっちゃったり・・・。

利害関係があるからかなあ。

人に対してすごく斜めな感じのスタンスになりがちっていうか

そう簡単にストレートになれないじゃない?

でも旅で出会う人って

それまでの積み重ねとか、変な先入観とかなにもないから。

コラソーンアビエルト 

さっきバルで飲んだお酒も手伝ってか

ちょっと語りモードののりこさん。

振り返るとヨースケ君は

だだもれですがな 

ぽお~~~っと

ピンクのオーラ、だだもれでした。

がんばれ、旅する青少年。

**********************************

日本茶で一服したあと、

まだ明るいうちに(と言ってもスペインの夏は

なかなか陽が落ちません^^)

Mおじさんのうちまで帰ることにしました。

帰り際、のりこさんが、「また是非連絡して!」と

e-mailのアドレスを教えてくれました。

メモはよくもらうけれど 

そういえば・・・・思い出されるのは、

タルヘタ(留学生が申請しなくてはならない学生ビザの名称です)

申請のときに出逢った中国人の女の子。

話しかけてくれたのは嬉しいのですが

その内容が。

思い出してきた 

手続きのときは結構長時間待たされるので

お互い拙いスペイン語で話をしているうちにすっかり打ち解けて

彼女も連絡先を教えてくれたのでした。

連絡頂戴ね! 

結構こういう出会いはちょこちょこあるのですが

私はいつもメモをもらうだけで

本当にもう一度連絡したことはなかったのです。

その人を信用していないわけじゃないのですが

やっぱりここは外国。

通りすがりの外国の人。

警戒心と、それから、もう一度連絡をする、っていうことの

気恥ずかしさというか、気後れというか。

そして忙しい毎日を過ごしているうちに

いつの間にか記憶も薄れていってしまう・・・。

たまに、このときみたいに、

ふっと思い出したりもするのですが。

もしかして、考えすぎてるのかな 

もう二度と会うことはないだろうな、なんておセンチに思うのは

自分から連絡を取らないことへの

無意識下のいいわけなのかも。

のりこさんの、オープンなスタンス、積極性、明るさ。

軽々と、壁を乗り越えていくフットワークの軽さ。

それに憧れるヨースケ君やニコちゃんオヤジの気持ちが

なんだかちょっとわかるなあ、と思ったのでした。

**********************************

一読者さま、「拾う」のご指摘、ありがとうございました。

拾うと捨てる、いつも混同しているんです・・・・(^^;)

二十日(はつか)と八日も(ようか)、いつも混同しているんです・・・・

エレベーターとエスカレーターも・・・・・

元モー娘のカゴちゃんとツジちゃんも・・・・

**********************************

留学絵日記(81)へ<<(82)>>留学絵日記(83)へ

**********************************

いつも応援ありがとうございます(^^) 
FC2ブログランキング・海外ブログ村に参加中
 にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 人気ブログランキングへ 

明晴学園中等部設立支援! 

当ブログでは、日本手話で学べる中学部の設立を応援しています(^^)

**********************************

 

Comment

No title 

ああ、すっごく共感!
わたしももらった番号やアドレスはいつもそのまんまです。
わたしの住んでるところは転勤族の多い町なので、なかよくなった人も次つぎ引っ越していくのですが、新しい住所をもらったりするけど、たいてい連絡とらないです。
でも、どこへ行っても友達関係が続く人とは続いてる。
なんかつくづく自分は、「ともだち100人できるかな」タイプじゃないんだ、大事なひとが何人かいたら満足なんだって思いますねえ。
たぶん…人としてのキャパが狭い(笑)。
あと、辻ちゃん加護ちゃん混同するというのも共感ですv-535
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2009.06/26 10:32分 
  • [Edit]

No title 

そうですね~日本国内でもメルアドの交換をしてもやり取りをするのなんて片手で終わっちゃう・・・(--;)
形態から消しちゃってもいいかな~と思うけど、どれが消しちゃっていい人かすら頭にデータが残っていない~。(^^;)

まあ、一期一会と言う言葉が日本にはあるのでその一回のみのお付き合いも御縁だと言う事ですね。

中国や韓国の人は多少の整形には、寛容だと聞いたことがあります。
日本人の「親からもらった体にメスを入れたり穴をあけるなんて」
と言う概念は世界的にみるとまれな価値観なのかなぁ?と感じたりも。
私は、母にピアスをあけてもらったので、
その点ではどこか日本人感覚が薄いのかも?
(そのピアスも金属アレルギーか痒いのでしてませんが(^^;))
それでも、切ったり縫ったりしてまで、自分の一重を二重にまでしたいとはやっぱり思えないですね~。
  • posted by らいち 
  • URL 
  • 2009.06/26 15:13分 
  • [Edit]

右と左も間違えます 

右って思ってるのに、そして身体はそっちに行っているのに、
左!って叫んでたり・・・
ある本によると、女性の脳みその回路の関係でそうなることが多いそうです。

もらったアドレス、どこまでが社交辞令で
どこまでがちゃんと返すべきか、私も悩みます。
手紙や電話は、本当にそういう機会があったら、にしています。
メールは書くのは簡単なので、割とすぐに一度は送って
相手の反応をうかがって、ああ、社交辞令だったんだな、
って思ったら忘れるようにしています。
  • posted by まじょり 
  • URL 
  • 2009.06/26 17:48分 
  • [Edit]

天真爛漫 

その昔、通知表に書かれた天真爛漫の文字を見て私の母は満足そうにしていましたが、スペインに来て私ってほんとにそうかな?と思うことが多くなりました。
人見知りもしない人なつっこいどきんちゃん、
と言われてきたけれど、
こちらに来た頃は初めての人見知りもしたし、
自分がどうかっていうのはやはり周りにいる人によりけりですね!
スペインの人達は明るくて何も悩みがなさそうで
(ごめんね、エスパニョーレス!笑)
良い意味でも(悪い意味でも)楽観的。
この夏もう帰国するって話をスペイン人の友達にするとみんな決まってこう言います。
「またすぐ会えるよ!」
これ、言われるたびに日本とスペインは遠いんだよ、
とか現実的に色々考えて悲しくなったりしてましたが、
バックパッカーのりこさんのようにオープンな心でその言葉をそのまま受け取ることができれば、悲しくなったりしないんだろうなって思いました。
 
ダラダラ書きましたが・・・
魅力的で個性的な人達がメイさんの周りにいるのは、メイさんの人柄ですね☆
お会いしたことがなくても、そういうのって絵はもちろん文面からひしひしと伝わってくるものです。
いつかひつじ(メイさん)と宇宙人(どきん)の対面が叶いますように!
  • posted by どきん 
  • URL 
  • 2009.06/26 21:50分 
  • [Edit]

No title 

今どうかわかりませんが、私が留学していたころ(むかしむかし…です…汗)やっぱりみんな通りすがりでしたね。当時の合言葉は”日本人にもきをつけましょう”でした(笑)。
. . .
コメントが出なかったみたいですが、コントロル・パネルを見ましたがありませんでした。初めてコメントをしますと承認待ちのところに入りますが、そこにもありませんでした。申し訳ございませんでした。
またいつでもトライしてくださいませ(笑)
よい日曜日でありますように・・・
  • posted by nora (una japonesa en Japon) 
  • URL 
  • 2009.06/28 11:17分 
  • [Edit]

hanaさんへ 

共感していただけてうれしいです!!

> わたしの住んでるところは転勤族の多い町なので、
なかよくなった人も次つぎ引っ越していくのですが、新しい住所をもらったりするけど、
たいてい連絡とらないです。

うん、そこですよね・・・
私自身も転勤族なので
出会いや別れは多いのですが
なかなか、一歩が踏み出せないんですよね。


> でも、どこへ行っても友達関係が続く人とは続いてる。

あ、いいなあって、素直に思ってしまいました(^^)

> なんかつくづく自分は、「ともだち100人できるかな」タイプじゃないんだ、
大事なひとが何人かいたら満足なんだって思いますねえ。
> たぶん…人としてのキャパが狭い(笑)。

そのぶん、奥が深いのだと思います。
付き合いだしたら、親密ではありませんか?(^^)

> あと、辻ちゃん加護ちゃん混同するというのも共感ですv-535

わはは。
そこもですか!(^^)
彼女たちには申し訳ないのですが
ほんとうにそっくりですよね。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/03 15:51分 
  • [Edit]

らいちさんへ 

> そうですね~日本国内でもメルアドの交換をしてもやり取りをするのなんて片手で終わっちゃう・・・(--;)
> 形態から消しちゃってもいいかな~と思うけど、どれが消しちゃっていい人かすら頭にデータが残っていない~。(^^;)

ああ・・・たしかに、携帯。
もう連絡の取らなくなってしまった人のアドレスや番号、
消すに消せなくて悩みますよね~

>
> まあ、一期一会と言う言葉が日本にはあるのでその一回のみのお付き合いも御縁だと言う事ですね。

なるほど。
そう考えると、それはそれで、爽やかでいいのかもしれません


> 中国や韓国の人は多少の整形には、寛容だと聞いたことがあります。

うんうん、そうですよね。
また、価格もお安いのだとか。
最近は日本でもプチ整形なんてありますから
整形に対する意識もどんどん変ってくるのかもしれませんね。

私は・・・治すなら鼻を高くしたい!!
なんて小さな頃から思っていて
鼻をつまんで少しでも高くならないかなあ
なんて鏡を見ているのですが
欧米では
鼻を低く削る整形があるらしくて
「その小さな鼻がかわいいっていわれちゃったわ~」
なんてのろけている留学生仲間もいましたっけ・・・・
いいなあ。
言われてみたい・・・(爆)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/03 15:57分 
  • [Edit]

まじょりさんへ 

> 右って思ってるのに、そして身体はそっちに行っているのに、
> 左!って叫んでたり・・・
> ある本によると、女性の脳みその回路の関係でそうなることが多いそうです。

右と左、ああ、それもやらかします・・・!!うんうん!!
女性特有の脳の回路なんですか!
そ、そうなんですかー!
わたしずっと自分がトロいんだと思っていました・・・(ガーン)

メールや電話、きっとその瞬間は本当に連絡しあいましょ、って感じて
交換するんですよね、
だけど後になって、なんだか遠慮してしまうというか、
こっちからその気になって連絡して
「忙しいからまた今度ね」なんて
冷たくされちゃったら悲しい。
だからつい連絡しないで終わってしまうのかもしれません。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/03 16:02分 
  • [Edit]

どきんさんへ 


> 自分がどうかっていうのはやはり周りにいる人によりけりですね!

↑あ、わかります、その感覚。
その場の人の雰囲気にすごく左右されますよね。


> スペインの人達は明るくて何も悩みがなさそうで
> (ごめんね、エスパニョーレス!笑)
> 良い意味でも(悪い意味でも)楽観的。
> この夏もう帰国するって話をスペイン人の友達にするとみんな決まってこう言います。
> 「またすぐ会えるよ!」

たぶん、彼らにとっては、世界はもっと自由なのかしら、
なんて思ったことあります(^^)
現実的に自由であるかどうかじゃなくて、
気持ちの上で、もっと自由というか。。。。


> バックパッカーのりこさんのように
オープンな心でその言葉をそのまま受け取ることができれば、
悲しくなったりしないんだろうなって思いました。

うん、そうかもしれません。
たぶん、また会えるかもしれないし会えないかもしれないけど
楽しかったね、
また会えるといいね
と軽やかに出来たら、カッコイイんですけれど・・・(^^;)
でも日本は遠いんだよ~って
思っちゃうの、すごくよくわかります。
実際、遠いんですよね。
流れている時間も、時代も、違うんじゃないかって
ときどき思ってしまうほどです(^^:)


> いつかひつじ(メイさん)と宇宙人(どきん)の対面が叶いますように!

わあ、ぜひぜひ。
できれば、私が海を越えてスペインへ飛んでいきたいくらいです(^^)
お野菜の収穫のお手伝いに・・・・!!
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/03 16:10分 
  • [Edit]

noraさんへ 

> 今どうかわかりませんが、私が留学していたころ(むかしむかし…です…汗)やっぱりみんな通りすがりでしたね。当時の合言葉は”日本人にもきをつけましょう”でした(笑)。
> . . .
やっぱりそうですか、「日本人にも」ですか~(^^;)

> コメントが出なかったみたいですが、コントロル・パネルを見ましたがありませんでした。初めてコメントをしますと承認待ちのところに入りますが、そこにもありませんでした。申し訳ございませんでした。
> またいつでもトライしてくださいませ(笑)
> よい日曜日でありますように・・・

ありがとうございます。今度は別のPCからチャレンジしてみます!
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/03 16:12分 
  • [Edit]

No title 

のりさんて、とても素敵な人なんでしょうね。でもなかなかできないものです、、。わたしもそうですよ~。旅先であった人は,,ほとんど連絡先交換すらしないかもしれません、、、。縁があれば又会えるかなって、思っているからかもしれません、、、。
ドンマイですよ。私なんて、モー娘、皆おなじに見えますもん。ほほ。
  • posted by ワクワクドキドキ 
  • URL 
  • 2009.07/04 10:45分 
  • [Edit]

わくわくどきどきさんへ 

> ドンマイですよ。私なんて、モー娘、皆おなじに見えますもん。ほほ。

よかった・・・!
最近はアキバ系のアイドルユニットも、見分けが難しいです・・・
ああ、老化は確実に脳みそに、ヒタヒタと忍び寄っているわけですね・・・!!ひ~
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/10 04:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。