ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【留絵83】実は意外な共通項が?!

83


留学絵日記 第三章

「SOMOS LOS TUTORES」

 スペイン語で「人生の指導者、導く者」の意味


************************************

そして夜、戻ってきました、R教授とMおじさんのピソへ。

R教授のピソへ帰って来ました 

スペインの夕食の時間と言うのは

日本の感覚からしてみると非常に遅くて

午後9時くらいから、という感じです。

スペインの人々の食生活というのは、

社交を中心に回っている様に見受けられます。

たとえば、お勤め帰り、会社の同僚や近所の知り合いと

バルで一杯ビールでも飲みながら

タパスを何種かつまんでおしゃべり、

家へ帰ってシャワーを浴びてさっぱりして

今度は家族や友人と誘い合って散歩&夕食へ。

こんな調子ですから、レストランなどが混みあってくるのも

午後9時以降といった感じ。

そしてスペイン料理は、オリーブオイルたっぷり。

これで太らないわけがないなあ、

みんな毎日そんな食生活で大丈夫なのかしら、

スペインの人は、格別オリーブオイルの分解効率が良かったりして

なんて不思議に思っていたのです。

もちろん私は家でご飯です。

R教授とMおじさんのピソのキッチンにて。

お世話になっているしせめて・・・ 

泊めていただいたり、色々なことを教えていただいたり、

数々のご恩を考えたら、

料理するのに自分の分だけというわけにもいくまい

なんていうのは、実に日本人的な感覚なようで・・・

R教授はキッチンでごそごそしている私を発見すると

あ、そうか~・・・いらないか・・・ 

R教授の夕食は、血圧やコレステロール値の問題から

緑野菜のゆでもの(まとめてつくりおき)と

1~2切れのパンのみという質素さ。

R教授いわく、ランチは同僚や学生たちと付き合って

かなりヘビーな食事になることが多く、

その分、家で夕食を摂るときには調整しているのだとか。

食事制限は辛い 

緑色の柔らかいお野菜の煮物、

ちょっと味見程度にいただいてみたのですが

味がなかったような・・・・(^^;)

なるほど、やっぱりスペインの人も、

健康を考えて調節しているのかも。

そういうことなら、私も、

スライスしたバゲットとハムとチーズくらいあれば

夕食は済んでしまいます。

R教授と向かい合っての夕食。

もちろん、会話は

R教授「さて、今日は何をしたのかな?」

本日の報告です。

それ以外には私宛に届いている銀行の書類を確認したり

文法のわからないところの説明をしてもらったり

R教授との会話はやっぱり・・・かっちこちに硬い!

やっぱりここは日本料理の一つでも作って

(う~ん、ダシ巻きたまごとかならヘルシー??)

ひとくち味見くらいしてもらえば

お料理の話題とか、柔らかい話題になったかもしれないな・・・

なんて思っているところへ、

Mおじさん帰宅。

いちご、スペイン語ではfresa(フレサ)といいます。 

Mおじさんが帰ってくると

ピソの空気が一気に明るくなります。

まだまだ考えが足らないなあ 

そうか!!

果物なら各自好きなだけつまめばいいわけで

みんなで和やかにテーブルを囲めるというもの。

うう~ん、さすがMさん。

しかも、私が大好きな生クリームまで!!

朝、寝ぼけているときにムースだと思ったら・・・悲劇ですね! 

スペインの生クリーム、

とっても便利なんです、このムース形式。

手動で泡立てた生クリームに比べたら

泡の弾力がちょっと劣るけれど

とにかく手軽に何度でもプシューできるのが

また楽しいんです。

(いちごの生クリームのせ、

スペインでは立派なPostre(ポストレ=デザートのこと)のひとつで

Fresa con nata(フレサ・コン・ナタ)といいます。)

Mおじさんも食卓に加わりました。

テレビではよく映画が上映されています 

スペインのテレビではかなり頻繁に映画を放送しています。

バラエティ的な番組は、スペイン語が早すぎて

私には少し難易度が高すぎたのですが

映画なら楽しめます。

女の子の全てが恋愛物が好きだとは・・・好きだけど! 

しかもこの夜の映画はSFだというではありませんか。

実は結構年季の入ったSFファンの私。

学生時代、ハヤカワSF文庫は愛読書。

それも、SFの古典といわれるものは総ざらい、

ハイラインの『夏への扉』『幼年期の終わり』

アシモフの『ファウンデーションシリーズ』『ロボットシリーズ』

ル・グイン『闇の左手』

スタニスワフ・レム『ソラリス』

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの『たったひとつの冴えたやりかた』

なんて読んでいた友達は一人もいなくて

今ここで書いてもぴんときてくれる方なんて

いるかしら・・・・???(いたらいいなあ)

とにかく、古典的なSFは名著ばかりです!力説しちゃいます。

なんて語り始めたらキリがないのでこの辺で。

SF好きです!特に古典的なのが!! 

おおおっ、意外な共通項が!! 

おおおお???

さすがコンピューターサイエンスの教授。

しかも、わたしってこの世代のSFファンとなら

盛り上がれるの?!

一体私の嗜好はどれだけ古いんだ?!

いそいそ・・・♪ 

ここにきて意外な共通項が発覚。

いそいそとテレビをつけたのですが・・・・・

**********************************

留学絵日記(82)へ<<(83)>>留学絵日記(84)へ

**********************************

次の記事、ただ今制作中です。もうしばらくお待ち下さい。

いつも応援ありがとうございます(^^) 
FC2ブログランキング・海外ブログ村に参加中
 にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 人気ブログランキングへ 

明晴学園中等部設立支援! 

当ブログでは、日本手話で学べる中学部の設立を応援しています(^^)

**********************************

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.07/05 08:36分 
  • [Edit]

おはようございます。 

ハインライン良いですね。僕もさっき、夏の扉のことをプログに書いたところでした。『愛に時間を』なども良かったです。あとブラッドベリや、デューン『砂の惑星』、グイン『竜騎士』…あげたらきりがないですね。スコットカードの『エンダーのゲーム』もなかなかでした。大分忘れましたが。僕のSF好きはおそらく小学生の頃、CSルイスのナルニア国物語を父が買ってくれたことからではないかと思います。SFはイマジネーションを広げますよね。おじゃましました。
  • posted by てんてんまるどん 
  • URL 
  • 2009.07/05 09:09分 
  • [Edit]

No title 

SF~~!
私も大好きです、ええ、アイザック・アシモフ!!
はっきり言って尊敬いたしております(信者とも言う・・・・)
”たったひとつの・・・”も好きだし。
あ~、あとはエラリークイーンとかエドガーライスバロウズとか光瀬龍とかもぉ~。
私もきっと語りだしたら止まりませ~ん(爆)
宗教思想や神話をベースにしたファンタジー系SFとか空想科学小説とかは特に好きで、寝食忘れて夢中になりました。

食事は基礎疾患があると大変ですよねぇ。
おじ様たち自己管理できるって凄いですよね。
野菜の煮物は辛そうですが(苦笑)
私だったらスープかなぁ?
1週間分コンソメで煮ておいて、日替わりでトマト味とかカレー味とかするかも・・・。



  • posted by tukushi 
  • URL 
  • 2009.07/05 20:54分 
  • [Edit]

No title 

「夏への扉」!!!!!
むっちゃ好きでした。うわーっなんかうれしい。
よ、読み返したくなりました~。
いや読みます絶対!
「闇の左手」は恥ずかしながら途中でリタイアしちゃいました。
ソラリスは、タルコフスキーの映画の原作でしょうか?
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2009.07/06 00:00分 
  • [Edit]

知らないです 

いっこも知らないです。
SFは、せいぜい星新一くらいしか読んでません。
アシモフ、ル・グインの名前は聞いたことありますが、
そのくらいです。メイさん、すごい!!

なんか、美術系の人って、ロマンティックなものが好きだろう、
という思い込みがあって、すごく意外でした。
勝手な思い込みですみません。m(__)m

そういう思い込みに迷惑したことってありますか?
  • posted by まじょり 
  • URL 
  • 2009.07/06 17:09分 
  • [Edit]

No title 

R教授との意外な共通点があったんですね~!!

実は私はSFはあまり見る機会がなくこの歳まできました。私はCUBEとかSAWとかのサイコものが好きで・・・(あ、別に聞いてませんね。)

でもコメントしてる皆さんもSFの評判が良いので、食わず嫌いしてないで今度機会があったら見てみようかしら。

イチゴのNATA、相方のお父さん大好物です。さらに砂糖かけて食べます。それは甘すぎる~~!
  • posted by tortilla 
  • URL 
  • 2009.07/10 00:39分 
  • [Edit]

鍵コメRさま 

なるほど、やっぱり異形ヒーローものですね!
(ETは随分かわいらしいヒーローですが(*^^*))

恋愛物、本も映画もみないのは意外でした。
わたしは結構なんでも好き嫌いなく読んだり見たりするのですが
日本物の恋愛と、
内外問わず、ホラー&パニックもの
だけは苦手で・・・

日本の恋愛物!!
あれって、最後はみんな「死んで」しまったりしません?(偏見?笑)
それが崇高な愛なのはわかるのですが
う~んまたか~・・・って思ってしまいます(^^;)

そして空腹との戦い。
最近私は「乾物(小魚)」作戦です。
カミカミしていると結構満足感が◎。
お腹が減ると気持ち悪いってすごくよくわかります。

> メイさんも無理なさらないようにしてくださいね。

はい、ありがとうございます(^^)
梅雨が明けたら、本格的な夏到来。
体力つけておかなくては!
なんて、また、食べるためのいいわけが・・・・!!
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/10 04:25分 
  • [Edit]

てんてんまるどんさんへ 

オーソン・スコットカードの『エンダーのゲーム』!!

おおお!名作を抜かしていました!!
嬉しいです、こんな地味な話題に反応していただけて。
これこれ!すごく印象的でした。結末が特に・・・。
映画化して欲しいなあ~こういう、すごいお話を・・・。

ナルニアはファンタジー系ですね(^^)

ファンタジーといえば、指輪物語やライらの冒険シリーズなども
映画化されるよりずっと前に読んでいました。
映画も良かったです。

最近、好きなのはケネス・オッペル
「エア・ボーン」「スカイ・ブレーカー」
海外作品ですが、ちょっとジブリワールドっぽいんです。
映画化も近いという情報もありますが
実に映画化向きな楽しい作品です。
よろしければ図書館で是非(^^)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/10 04:39分 
  • [Edit]

tukushiさんへ 

> SF~~!
> 私も大好きです、ええ、アイザック・アシモフ!!
> はっきり言って尊敬いたしております(信者とも言う・・・・)

おおお、tukushiさんもお仲間とは!
そうです、立派なSFファンなら、

アイザック、ときたら、アシモフ。
ニュートンを思い出すのはその次です(笑)

アシモフさんご自身の人生がまた、
小説みたいなの!
貧乏な家庭に生まれて、飛び切り優秀で、飛び級で15歳で大学入学
しかも、兵役時代は、あの、ロバート・A・ハインラインと同僚なんですよ~!!

天才って、なぜ集まるのかしら・・・!


>寝食忘れて夢中になりました。

ねえ~そうですよね、
わたしも、浸りすぎて電車乗り過ごしたりなんてしょっちゅうでした(笑)

ああ、でも正直なところ、
あの黄金時代に比べたら、
現代のSFのなんと腰抜けなことよ・・・・
と、「トランス・ナンチャラ」を見ながらウンザリしております・・・

いや、SFファンなので、かかさず見るのですが
車からガンダムが出来て(笑、ガンダムじゃないけど)
悪と戦う、友情の勝利
それって・・・少年ジャンプの世界ですよね・・・?
ああ、SFの至高の魂はどこに・・・・。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/10 04:48分 
  • [Edit]

hanaさんへ 

hanaさんもSFファン仲間なんですね♪(>。<)ヤッタ~!

> 「闇の左手」は恥ずかしながら途中でリタイアしちゃいました。

ちょっと難解なんですよね、序盤中盤、じっくり攻略していかないと
最後の感動のシーンで、「は??」ってなっちゃうんです。
私自身、2~3度読み直してようやく意味を拾った感じです。

> ソラリスは、タルコフスキーの映画の原作でしょうか?

あ、おそらく、それです。たしか映画化されているはずです。
惑星の知的生命体研究をしている科学者が、
ついにソラリスに知的生命体の痕跡を発見するのですが、
それが「思考する海」だったというお話です(^^)。
これも、難解なSFですよね~。

  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/14 02:26分 
  • [Edit]

まじょりさんへ 

まじょりさん(^^)知らなくって普通かもしれません~、
こんな古典的なSF、
私の日常生活の範囲でも、
それを好んで読んでいる人って
皆無でしたから・・・
実際、理解するのが結構大変な難解なSFもいっぱいあって
面白いと思えるかどうか、
かなり人の好みが偏る分野だと思います。
逆に、私はあまり日本の小説を読んでいなくて・・・
宮本輝、三浦綾子、森瑤子などなど
やっぱり少し古い時代の方々なら読んでいました。
図書館っ子だったからかな?(^^)
>
> なんか、美術系の人って、ロマンティックなものが好きだろう、
> という思い込みがあって、すごく意外でした。
> 勝手な思い込みですみません。m(__)m
>
> そういう思い込みに迷惑したことってありますか?

いえいえ、そんな。ロマンティックも大好きです。
ただ、あまりにも「クサイ」ドラマ、小説などは
もうお手上げです。
読んでいて恥ずかしくてどこかへ逃げ出したくなってしまいます。
「愛してるわ!行かないで」
「君は、僕なしでも生きていけるよ」
みたいな?(笑)

まじょりさんはどんな読書派だったのでしょう?(^^)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/14 02:35分 
  • [Edit]

tortillaさんへ 


> 実は私はSFはあまり見る機会がなくこの歳まできました。私はCUBEとかSAWとかのサイコものが好きで・・・

 おおお!そ、それは・・・・ひえ~~~!
 わたし、あればっかりは、どうしてもだめで
 (そもそもお化け屋敷に入れません!)
 怖いものの魅力ってどこらへんにあるのでしょう・・・????!
 そこのところを是非熱く語って頂きたいです!
 実は夫が、サイコ物、大好きで。
 夢でみちゃったりしないのでしょうか・・・・
 お風呂で目をつぶって頭洗えなくなっちゃったりしないのでしょうか・・・・(<こどもか!笑)

> イチゴのNATA、相方のお父さん大好物です。さらに砂糖かけて食べます。それは甘すぎる~~!

 うお。さらにお砂糖を?!
 メタボは大丈夫でしょうか・・・・
 なんて、スペインの大半の方々は、それよりも美食を楽しむほうが優先ですよね(^^)
 ある意味、潔いほど自分に正直で好きです♪
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.07/14 02:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。