ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【留絵91】僕らは君のテュトールだから

(91


留学絵日記 第三章

「SOMOS LOS TUTORES」

 スペイン語で「人生の指導者、導く者」の意味


**********************************

違う。違うよ、おじさん。

私だってまったく愚痴らないわけじゃない。

日本語が通じる者同士で

ぐーちぐち言い合って胡散晴らししたいときだって

いーっぱいある!

でも、この場合、愚痴って何になるだろう?

一緒になって日本語でぐちぐちしたって

一時的には確かに気が晴れるかもしれないけど

あとできっと、お世話になっている人のことを悪く言ったことを

後悔する。

そんなの馬鹿みたい。

適当に周囲に調子を合わせることだって

時には大切だけど

だけど

ここは絶対だめだ、っていうラインが

どうしてもあって動かせない。

それはもしかしたら理解してもらえないかも知れないけれど。

そこを崩したら

自分じゃなくなる気がする。

本当は適当に周囲にあわせておけば

その場は丸く収まるのかも知れないけれど。

でも、人の輪って、本当にそんなふうな

変な協調の元になりたっているのか?

そんなはずないって思う。

そう思うけど、

とかく日本人同士のさほど深くない間柄の場合は

そういうことって多いかもしれない。

(しっかり友達になっちゃうと少し違うんだけど

誰とでも友達になれるわけじゃないし)

などと、考えるわけですが、

私はいつも言葉足らずで

「はあ、そうですね・・・愚痴らないかも」って言うだけ。

ああ、足りてない、絶対何も伝わってない。

だけどさ、お世話になってる方の愚痴を言いたくないから

なんて、本人を前にして面と向かっていえますか、っての。

恥ずかしいじゃないさ~。

TUTORって何だろう

そうそう、そんなこともありました。

R教授の勤める国立大学の敷地内のレストランで

ランチをしようと誘われて行ったことがあったのです。

ランチの間中、同僚の大学教授たちやら

指導学生たちやらが入れ替わり立ち代り

挨拶にみえて

その度に、この子は誰? 君たちの何? という質問をされて、

「僕らは彼女のTUTORだ!」

と答えていらしたのでした。

頼り方がわからないんです 

もっと頼ってもいいんだよ、と言われても

もう過分にしてもらってるように思えて。

たぶんあのころの私は、

そもそも上手な頼り方自体が

わかっていなかったもかもしれまん。

**********************************

bdiary501small_20091216041129.jpg 

その夜、

改めて辞書でTUTORを調べてみました。

辞書でしらべてみました 

TUTOR(男),TUTORA(女)

【テュトール・テュトーラ】

1、(法律)後見人・保護者

2、家庭教師・指導教師

(小学館・プログレッシブ・スペイン語辞典より)

う~ん、そうかあ 

いいのか、こんなんで 

ちっともうまくなんか、行ってないのになあ・・・・

なんだか、もっといろいろ、がんばろ。

そう思った夜でした。

********************************

おまけ。

3ヶ月の語学初歩コースのときのおじさまたちの件。

日本の留学生と、ほかの外国の国の留学生の反応は

かな~り違いました。

南米のセニョリータスは 

見解がぜんぜん違うんです 

言われてみれば 

時すでにおそし

いまさら気づいたって

時すでに遅し。

(第三章・完)

*********************************

ラテンアメリカの女性たちって大好き。

本当に気持ちのいい方が多くて、おおらかで。

いつか南米に行ってみたいなあって思います。 

クリックありがとう!! 

いつも応援ありがとうございます(^^) 
FC2ブログランキング・人気ブログランキングに参加中
  人気ブログランキングへ 

ブラウザの戻るボタンでもどってきてね~

******************************

(90)へ<<留学絵日記(91)>>(92)へ

Comment

あはは~ 

お国柄の違いですね~。
日本人と南米の方のモノの見方(^^)

「虫つかないね~」
その考え方の方が、人生エンジョイ出来そうですね
スペイン男を『真面目』と言うやっぱり価値観がちがう~
日本人から見ると、ラテンの方達って朗らかと言うかおおらかと言うか~ある部分てきとーというか~。
日本人の堅苦しかったり逆に上っ面ばかりのうそのポジティブ(いいすぎ?!)指向のフリとか~
って自国の異性には誰でも点数が辛いんですね~(^^;)

前の、お話での日本人の「次」を見据える力もある意味では必要だけど日本人学生特有の「就職」一辺倒の考え方は、
人生を何か無駄にしそうな気分がします。
なんでも「就職に有利」かそうでないかで考える思考が学生時苦手でした。
あと、受験生の時の「今それどころじゃないでしょ」って言う周りも学生本人もストイックになっていく所・・・。(--;)
ある意味日本人って人生一番楽しむ所でその後の人生の楽しみ方を学ぶ機会を落として言っているみたいで損してるな~って思っちゃうんですよ~。(いま振り返るとね(^゜)σ)
  • posted by らいち 
  • URL 
  • 2009.12/16 07:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

人との出会いって、なんであれ大事にしたいですよね。
有効利用っていう言い方にメイさんがキレたのはよくわかります。「何も知りもしないで!」ですよね。

頼れと言われても、利用するような気がしてしまうし、そんなにしてもらうような自分じゃないし、というのもわかります。

でも、逆の立場に自分を置いてみると、誰でも(でもないか?)人の役に立ちたいと思ってるんじゃないかと思うんですよ。
特にある程度の年になると、頼られたいんじゃないかな。
頼られて、何か出来たら、私はすごく嬉しいたちです。

(Dokinの留学中は色々相談やらSOSが来て、ぎょっとすることもあったけど、嬉しかったです。だんだんにひとり立ちしていったのは、それはそれで嬉しくもあり、ちょっとさびしくもあり、でした。)

それにしても、慰められてるのにへこんじゃうなんて、
メイさんて、まじめな人?


  • posted by まじょり 
  • URL 
  • 2009.12/16 18:48分 
  • [Edit]

らいちさんへ 

ねえ、お国柄って、ありますよね!
ラテンの国の人々の考え方に接していると、
なんだか日ごろの自分のなやみが
馬鹿みたいに感じます・・・(^^)

どう生きたって同じ人生、
楽しまなくちゃ、損、損って!


> 日本人の堅苦しかったり逆に上っ面ばかりのうそのポジティブ(いいすぎ?!)指向のフリとか~

いえいえ、上っ面ばかりのポジティブ思考って
なんだかわかります。
そういうところ、ありますよね。

> ある意味日本人って人生一番楽しむ所でその後の人生の楽しみ方を学ぶ機会を落として言っているみたいで損してるな~って思っちゃうんですよ~。(いま振り返るとね(^゜)σ)

そうですよね~
楽しむって、かなり重要ですよね。
私もまだまだ変なこだわりがあって
なかなか楽しめない時があります。

年齢とともに
そういうカラみたいなの、
一枚一枚捨てていけたらいいな~って思います。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.12/19 06:35分 
  • [Edit]

まじょりさんへ 


> でも、逆の立場に自分を置いてみると、誰でも(でもないか?)人の役に立ちたいと思ってるんじゃないかと思うんですよ。
> 特にある程度の年になると、頼られたいんじゃないかな。
> 頼られて、何か出来たら、私はすごく嬉しいたちです。

若いころは、それがわからなかったんだと思います。
なぜなぜなぜって、いつだって自分でいっぱいいっぱいだから
余裕がないのかしら・・・駄目ですねえ。
駄目なことにすら、気づかないんですもの(^^;)

最近、まじょりさんのおっしゃる
頼られるうれしさ、
少しずつわかる年齢になってきたように思います。



> (Dokinの留学中は色々相談やらSOSが来て、ぎょっとすることもあったけど、嬉しかったです。だんだんにひとり立ちしていったのは、それはそれで嬉しくもあり、ちょっとさびしくもあり、でした。)

そうそう、
でも頼られるときって
想像を絶する内容だったりして
びっくりしちゃうんですよね・・・(^^;)

> それにしても、慰められてるのにへこんじゃうなんて、
> メイさんて、まじめな人?

根暗ともいいます・・・。ハイ・・・。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.12/19 06:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。