ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京に避難していました

あの地震の日から、毎日が飛ぶように過ぎていきます。
私が暮らしている県は、被災地に近く、
現在でもいわき支社の方々が50名あまり、社宅マンションに避難してきています。
そして昨日まで私は、乳児と幼児を抱えて、東京へ避難していました。
放射能が子供に与える影響が怖い。
国が大丈夫と言ったって、怖い。
自分のことはいい、ただ、こどもと赤ちゃんだけは。

地震当日のことを、自分の忘備録として振り返ってみます。
反省点がたくさん。


こんな時に限って、夫は南の島へ出張中。
この日が帰ってくる予定の日でした。

部屋にはわたしと0歳児と4歳の陸。そして70代の義母。
地震がきて、とっさに赤ちゃんを抱え、陸を引っ張り、
義母に叫びながら避難用リュックも背負って外へ。
普段から、防災用荷物を準備していたことが幸い。

揺れがひどくて玄関から出られない義母と陸。
靴なんてはかなくていいからはやく!と叫んでました。
マンションが倒れたらおしまいだと思ったから。
それくらいすごい揺れでした。

揺れている時間もすごく長かった。
マンションの5階。エレベーターは使えない。
幼児と義母を連れて階段を下り、一時知人の車の中へ避難。
風が強い。身を切るような寒さ。
この寒さは、生後一か月の赤ちゃんに耐えろというのは無理。

情報が入らない。
携帯なんてつながるわけがなく。

一階の独身者用食堂室が臨時避難所に。

余震が続く中、こどもたちを義母に預け、
隙を見ては何度も階段を上り下りして
めちゃくちゃになった部屋から、
どうしても必要なものを取り出す。

毛布。ラジオ。懐中電灯。
本当は全部一式車の中にも準備してあるけど、
夫から車のカギをもらってなかった。
車を新しくしたばかりだったから。
悔やまれる。

電気。
停電。

水。
水道をひねってみる。大丈夫。でる。
すぐにお風呂に走って汲み置き。

ガス。
だめ。
お湯が作れない。ミルクどうしよう。
母乳、まだよく出てない。

どんどん暗くなってくる。
夕方、いったん避難は解散に。
みんな暗くなる前に家の片付けに戻り始める。

私も、陸とあかちゃんと義母をつれて階段を上がる。
70代の義母は、息も絶え絶え。
今後大きな余震が来たら、階段を使って何度も避難するのは無理だと気付く。
陸は暗闇の中、続く細かな余震に怖がって震えている。
寒さと怖さの震え。陸を抱き寄せ、赤ちゃんを毛布でくるむ。
これで大丈夫だろうか。
寒さと緊張で母乳が出ない。
救いなのは、義母が冷静で凛とした女性であること。
全くパニックにならないで、陸を落ち着かせてくれている。
私のほうが、プレッシャーで下痢。
我ながら情けない。

夜。
食欲など全くでない。
あかちゃんには、魔法瓶に常備していたわずかなお湯でミルクを作れた。

考える。
やはり、今夜一晩、一階の食堂室で避難しよう。
義母の体力を考えると、
いざ大きな余震が来たとき、三人を庇っては逃げ切れない。

四人でもう一度一階の食堂室へ。
ここなら、余震が来たらすぐに外へ逃げれる。
と思ったら、陸の友達の家族もいた。
その家族も、ご主人が出張中で、
お母さんが幼いお子さん二人を抱えている。
陸、友達にあって元気になる。
幸い、食堂室のカセットコンロでお湯も沸かせる。
お湯があるとわかって、涙が出そうなほどうれしい。
夫の同僚が、私を見つけてくれる。
ご主人から連絡がありました、なんとか東京へ向かうそうです、と伝言。
つながる携帯もあるらしい。
私の携帯はダメ。
でも夫が用意してくれていた携帯ラジオがある。
情報は取れた。
ここは震度6強、震源地のほうはマグニチュード8.5と聞く。
(のちに9.0に変わる)

夫とはメールで連絡が取れた。
予定していた飛行機が静岡の掛川までしか飛ばず、
そこから新幹線で東京駅へ。
東京駅は大混乱。
いったん東京本社へ行って情報を集め、
なんとか明日には必ず帰る、という。
東京駅改札で夜明かしするらしい。

停電が続く。
夜空の星がすごく多く見える。
町中が暗い。
余震が続く。
暗闇の中、義母と色々な話をする。
独身時代の友人二人と携帯がつながる。
1人は1人暮らしの部屋で、1人は東京の会社で泊まっている。
励ましあう。連絡の取れない東北の友達もいる。

夜明け前、電気が復旧。
急にテレビがついて驚く。
ありえない津波の映像に呆然とする。

夫と携帯がつながる。奇跡的。
電気が戻った、と私がいうと、
すぐにご飯を炊いて、と夫。

急いでご飯を炊く。炊き込みご飯の素があったのでそれで。
これはあとでとても助かった。
混乱のさなかって料理どころじゃないもの。
炊き上がったご飯を大きなタッパーに詰めて、
朝、皆で食べた。
もう冷え切っていたのに、すごくおいしく感じた。
考えてみたら地震が起きてからほとんど食べていなかった。

昼に夫が、私鉄を乗り継いで帰ってきた。
すごい。交通網は大混乱なのに。
帰ってきたルートを聞いて、気の遠くなるようなルートに驚く。
執念、の一言。

そして子供たちと義母をつれて、夫の運転する車で東京へ避難。


震災に遭われた皆様へ、心からお見舞い申し上げます。

Comment

NoTitle 

メイさん!
とにかく無事で何よりでした!
たいへんな思いをされたのですね…地震当日の様子を読んで、自分だったらこんなふうにすばやく判断して行動できるだろうかと考え込んでしまいました。
大阪で感じた揺れでもじゅうぶん恐怖だったので、震源が東北と知った時の衝撃…。
お子さんがまだ小さいのできっとずっとおかあさんは気を張っていなければならないのでしょうね。眠れていますか? どうかお身体こわさないよう、甘えられるひとには今は甘えて、ご自分のこともいたわってくださいね。
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2011.03/30 17:22分 
  • [Edit]

大変な思いをされたのですね 

赤ちゃんがいるとほんとに心配ですよね。
お義母さまもいっしょだし、旦那さまが帰宅するまで
心細かったでしょうね。あれから原発問題がどんどん深刻化、
再びどこかに避難することもあるでしょうか。
どうぞ心と身体の健康に気をつけてご家族皆さんお過ごしくださいね。
  • posted by まじょり 
  • URL 
  • 2011.03/31 00:38分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.04/25 06:45分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.06/06 21:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【東京に避難していました】

あの地震の日から、毎日が飛ぶように過ぎていきます。私が暮らしている県は、被災地に近く、現在でもいわき支社の方々が50名あまり、社宅マンションに避難してきています。そして昨日まで私は、乳児と幼児を抱えて、東京へ避難していました。放射能が子供に与える影響が...

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。