ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【留絵23】ソファの海

 



(23)


留学絵日記の続き、

「なんとかしなきゃ」

週明け。学校も、ピソ探しも、その他諸々も、

なんとかしなきゃ
**********************************

 

グラシア地区です

グラシア地区は昔はグラシア村だったのです 

現在の寮のあるアシャンプラ地区の北

グラシア通りとディアゴナル通りがクロスする

ディアゴナル広場を北上すると

急に道幅は細くなり、街の雰囲気もぐっと下町っぽくなります。

この辺り一帯は、若手のアーティストが集まっていて

小さなおしゃれショップがあったり、

若者に人気のカジュアルレストランがあったりする場所です。

夏には、通りごとに飾り付けを競い合う

お祭りがあるのも有名です。

 

治安的には・・・どうでしょう?

このあたりは道幅も細くて、道も入り組んでおり、

夜にこの地区を日本人女性一人で歩くというのは微妙だな、

と感じたのですが・・・・。

 

さて、電話でアポをとった場所へ行くと、

一人の男性が現れ、

はじめにオフィスのような場所に通されて、

ピソ賃貸の条件や、必要なものなどについての話をしました。

男性は背後の窓の外を指差して

窓から見えました 

 

と言います。

早速、部屋を見せてもらうことに。

 

入ってきた入り口とは違う出口からオフィスを出ると

なにやら、

暗い、狭い、トンネルのような通路

 

暗くって、通りの光が眩しかったです 

 

そこを抜け出ると

 

不思議な立地です・・・ 

 

件の建物は、

他の建物に囲まれるように建っています。

なんだかちょっと不思議な立地です。

 

男性について建物に入ると・・・・

 

 

 

サロンです 

 

暗いです。

窓のブラインド越しに入ってくる光が

ソファに縞模様を描いています

 

ソファと・・・・

ソファと・・・・

ソファに・・・・

 

 

って。

なんでしょう、この、居間を埋め尽くすソファの海。

 

 

気にしないでって、気になるよ~ 

 

気にしないでといわれても。

気になります。

だって、ソファで埋め尽くされていて

あるく道のほうが細い細い。

 

ブラインドの隙間から差し込む光の中で

埃がキラキラ舞っています。

 

そして、なんとなく感じる、

このピソ全体的に漂う

だらっとした、自堕落な、倦怠的ムード。

 

これは・・・ねえ。

このサロンを見た瞬間から、

なんとなくここは違う気がしました。

 

 

 

 

そして、案内されたお部屋には

 

窓がなかったです・・・!

 

ベッドが一つ。そして窓はなし。

 

う・う~~ん・・・・

 

お互いなんとなく、これはなしですねって雰囲気でした 

 

駄目なときって、

あえて言葉にしなくても

お互いなんとなく伝わるものですよね・・・

 

まずは下見の練習だと思って・・・ 

 

というわけで、初めてのピソ下見は終わりました。

このピソ、月額24000~25000ペセタくらいだったと

記憶しています。

格安です。

安さに惹かれて見に行ったのですが

あまりに安すぎるものには

それなりに理由があるのですね

 

次は、もう少しだけ

高めのところを見てみようと思いました。

 

 

***********************************

週末、夫の誕生日だったので

久しぶりに、tortilla(トルティージャ)をつくりました。

 

具はなす、たまねぎ、チーズです 

 

具は、たまねぎ、ナス、チーズ。

大きなフライパンにオリーブオイルをたっぷり入れて

(具は何でもOK。ポピュラーなのはジャガイモ。)

野菜をじゅわじゅわやわらかく揚げ煮したところに

卵7個分を溶いた卵液を

どどっと投入。

そして我が家で一番大きなお皿をつかって

よいせっ

とひっくり返します。

 

このトルティージャ、

マドリード近郊にいたころに、

地元のスペイン女性から習ったのですが

当時はワタクシの腕も細くて

大きなフライパンとお皿を

ひとりでひっくり返すなんて出来ませんでした。

友人とキャーキャーいいながら

ひっくり返したものです。

それが今じゃ・・・・

思いっきり余裕です。

 

今じゃ楽勝 

 

毎日10キロ以上あるわが子を

抱えて走ったりしてますから・・・(笑)

 

我が家では、内部がまだちょっと半熟でとろとろなうちに

熱々を、アリオリソースで頂きます。

 

アリオリソース・・・つぶしたにんにくをオリーブオイルで溶いて、

お塩とレモン汁、卵黄を加えてよーく攪拌します。

面倒くさいときには、

マヨネーズ+おろしにんにく・レモン汁+オリーブオイルで

混ぜるだけ。

トルティージャにも、パエーリャにも、よく合います。

ちなみに・・・・

マヨネーズ+おろしにんにく・レモン汁+ヨーグルトにすると、

今度はブルガリア伝統のソースになります。

こちらはサッパリ系の味。

サラダに、パスタ、ゆでたてのジャガイモなどに。

 

応援してくださると、エネルギーがわきます~~
   

FC2ブログランキング・海外ブログ村に参加中
 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へ 

お気に召しまして?人気ブログランキングへポチっとね。


留学絵日記(24)へ

Comment

アリオリソース 

遅ればせながら、遊びに来ました!
とっても素敵なブログですね☆
アリオリソースもトルティージャも大好きなので、ぜひぜひ作ってみます♪
  • posted by マドリーの魔女。 
  • URL 
  • 2008.11/25 01:46分 
  • [Edit]

 

ピソ、どこの都市でも安いのはやはり訳あり物件ですよね。お互い言葉にしなくても「これは違うよね」って言うの、なんか分かります!!私もSevillaで男所帯のなんか薄暗~い中庭からの光しか入らないカビ臭いピソを見に行った覚えがあります。なんだか悲しかった。。。
Tortilla、とっても美味しそうですね!こっちではtienda chinaでtortilla返し(フライパンの蓋に限りなく似たもの)が売ってますよ♪
  • posted by tortilla 
  • URL 
  • 2008.11/25 03:25分 
  • [Edit]

 

慣れない土地で一人での部屋探しはドキドキものですね~。日本と同じで、やっぱり安い部屋には訳がある!次こそはいい部屋を見つけられるのかな?と次回が待ち遠しくなっています。
ここにお邪魔したときは、ランキングボタンをぽちぽちぽちっと、楽しませてもらったお礼に押して行きますね♪今回も雰囲気がよく伝わってきて面白かったです。
  • posted by sion 
  • URL 
  • 2008.11/25 12:24分 
  • [Edit]

 

バルセロナにはチョリソー(だましてでも金儲けしようとするヤカラ・・みたいな意味かしら?)がうじゃうじゃ・・・
私も昔ピソ探しに苦労しました!サグラダファミリアのすぐ近くのなかなか素敵なピソ・・そこそこ安いし広いしきれいだし・・・文句のつけようがない!ここに住むのを思い描いて浸っていたら・・・なんと都市ガスがひかれていなかった!!!

広くて4部屋あり日当たり良好!10階で見晴らしもよし!のピソは便器がなかった!

広いテラス・・・内側に面していて静か・・・でも汚すぎてパス・・・

大きな庭付きの1階・・・ピソなのに庭が付いてると感動したのもつかの間丸一日陽が差し込まない薄暗さ・・・

やせました・・・
  • posted by Miwakitz 
  • URL 
  • 2008.11/25 21:56分 
  • [Edit]

>マドリーの魔女さんへ 

はい、ぜひ(^^)
もうちょっと詳しいレシピを描いたほうがよかったでしょうか・・・でも簡単なので、ぜひ試してみてください(^^)
  • posted by ひつじのメイ(cro1022) 
  • URL 
  • 2008.11/26 20:54分 
  • [Edit]

>tortillaさんへ 

tortilla返しは知りませんでした!あるんですね、さすが本場です。

男所帯でかび臭い・・・うわあ、それは入っただけで嫌になっちゃいますね~
  • posted by ひつじのメイ(cro1022) 
  • URL 
  • 2008.11/26 20:56分 
  • [Edit]

>sionさんへ 

そうそう、安い部屋にはわけがある、です、全くその通り。
部屋探しって難しいです。そう簡単にはいい部屋にはめぐりあえません・・・というわけで、もうしばらく、お部屋探し奮闘記にお付き合いくださいませ(^^)
ランキングポチ、ありがとうございます。ご面倒じゃないといいのですが・・・(^^)
  • posted by ひつじのメイ(cro1022) 
  • URL 
  • 2008.11/27 01:49分 
  • [Edit]

>Miwakitzさんへ 

そういう人たちをチョリソーって言うんですか、知りませんでした、チョリソーがかわいそう、おいしいのに・・・(笑)
不動産業者さんだからって簡単には信用できないのですね。日本でも、不動産屋ってピンキリですが、スペインともなれば、物凄く警戒してしまいそうです。
やせちゃう気持ち、とってもよくわかります。人間って何よ・・・って、くらーい気持ちになりますよね・・・(^^;)
  • posted by ひつじのメイ(cro1022) 
  • URL 
  • 2008.11/27 01:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。