ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【留絵29】ミスター・スミス

 



(29)


留学絵日記の続き、

「もう一歩、前へ」 

時間もない、あてもない、八方手詰まり。

事態はさらに混迷中 
**********************************

『求めよ、さらば与えられん』

カトリック教徒が人口の圧倒的多数を占める

この国にいると。

そこらじゅうに聳え立っている

豪華なカテドラルなどを見ていると。

こんな言葉を信じたくもなります。

が。

この言葉って、あとに但し書きが続きそうな気がします。

求めよ、さらば与えられん。

ただし、

何が与えられるかは、神のみぞ知る。

って。

ほかにも見学者がいるようです 

翌日、電話で指示されたとおりの場所に出かけてみると、

そこにはすでに何組かのカップルが

並んでピソの下見を待っていました。

(みんなスペイン人です)

ワタクシも早速列の後ろにならんで

不動産会社の人が来るのをまっていると・・・

不動産会社の人到着 

やってきたのは、

マトリックスのミスター・スミスみたいな、

顔面にやけにぴたっとフィットした、

カクカクなサングラスをした、無愛想なスペイン人男性。

いかにも有能そうな感じで、大股でサクサク歩くと

手際よくピソを開いて

下見客を中へ案内してくれました。

今までの経緯から

正直、今回のピソにも

あまり期待していなかったのですが

マリアテレジアイエローのインテリア 

ほわ~~!綺麗!!

室内の壁は、暖かいイエローで統一されていて

とっても明るいイメージ。

家具つきで、サロンも小さいながらちゃんとあります。

ようやく、ようやく

まともなピソを発見しました!

あるんじゃない!! 

は~!何件目でしょうか。

はじめてこんなに普通なピソを見ました(笑)

サロンのほかに、ベッドルームが3つほど、

キッチンとバスルームなどがある、

一人暮らしにはちょっと広すぎるピソです。

家賃は、(当時で)十万ペセタ弱くらいでした。

(もっと安かったかも・・・?)

こんなに広くて、綺麗で、

安くていいのか?

と不思議でしたが、

説明を聞いてなぞは解けました。

実は窓がほとんどなくて

日当たりが極端に悪い。

そのため、室内を少しでも明るく見せるために、

室内が明るい黄色メインのインテリアになっているのです。

立地的にも、バルセロナの中心地からは

かなり離れていました。

たしかにちょっとわけあり物件ではありますが

・・・・・・・・

計算は苦手なんだけど・・・ 

頭の中の電卓がパチパチ鳴ります。

そっか~。

今まで会って来たたくさんの大家さんたち。

OLさんも、夫婦も、学生さんも

色々な人がいましたが、

みんな、同じように考えて、

借りるより、貸すほうに回ったわけなんだ。

外国人のワタクシが

同じことをしたいと言っても

できるかどうかわかりませんが

これは確かに、

貸すほうが得なような気がします。

長期的にスペインに暮らすと決心しているなら、ですが。

ワタクシの場合は、

さすがにそこまでは考えられないので

(ほんのちらっとだけ、

日本の父に連絡して不動産を買わないかと誘おうか迷ったほど、

当時はまだまだ不動産が安かったです)

今回は情報収集みたいなもの。

お耳がダンボ 

他の人が、ミスター・スミスに色々質問しているのを

耳をダンボにして聞いていました。

ミスター・スミス、

恐ろしいほど無愛想で、話しながらも

ニヤリとも笑いません。

超事務的にそれぞれの質問に答えながら

一通りピソの中を案内していました。

でもワタクシの方は、

落ち込み気味だった気分もすっかり爽快に。

やる気が出てきた 

もうすこし条件を絞って依頼してみることに。

オフィスへ電話して希望を伝えると、

また次の日には

「希望に近い物件がある」

と連絡が入りました。

軽快な仕事ぶりの不動産会社です。

まるでスペインの会社じゃないみたい。

また指定された物件へ出かけてみると、

今度もそこにいたのは・・・・

またかって。 

またしても、

ミスター・スミス。

またきみかって、

そう言いたいのはこっちも同じ。

それはワタクシの台詞よ 

今回のピソ見学はワタクシひとりだけです。

さて、そのピソへ入ってみると・・・

**********************************

経済協力開発機構(OECD)の文書によると、

1999年~2000年にかけて、

当時のスペイン経済は力強い成長を持続しており、

16%近くに達っしていた失業率や、上昇傾向が続くインフレ率、

年金問題などの問題がありがらも、

成長率は3.7%に達し、雇用も増加していたとのことです。

そして、財政面と金融面での努力が実り、

スペインは1999年1月の発足時点からユーロ圏に加わることができました。

新通貨ユーロが国内に出回り、実際にスペインの人々の掌に乗るのは

もうすこし後のことになります。

ペセタ最後の時代。

新通貨ユーロの幕開け5分前。

時代は大きく動こうとしていたのです。

(そのとき時代は動いた!、NHK風味(笑))

応援してくださると、エネルギーがわきます~~
   

FC2ブログランキング・海外ブログ村に参加中
 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へ 

お気に召しまして?人気ブログランキングへポチっとね。

留学絵日記(30)へ


Comment

 

軽快なスペイン人らしくない仕事のコメント思わず笑いましたよ~。
お兄さん、物件の中でもサングラスつけたままなのでしょうか?そうなったら、芸能人ばりですね。
生ハムとメロン、私もあの組み合わせ、非常にいやで、いつも分けて食べていましたが、どこかの栄養学のコメントで、あの組み合わせはいいらしいのです。とんかつとキャベツのような相性でしょうか?あれはナイスコンビですけどねえ、、。
  • posted by ワクワクドキドキ 
  • URL 
  • 2008.12/03 13:03分 
  • [Edit]

>ワクワクドキドキさん 

お兄さん、物件の中ではサングラスはずしていましたヨ~、でもサングラスの印象が強くて、顔をよく覚えていなくて(^^;)
生ハムとメロン反対派さんがここにも!栄養的にはいいんですか~、知りませんでした・・・、とんかつとキャベツは、確かに、ナイスです。
ソースしみしみのキャベツがまた、たまりません・・・
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2008.12/03 13:15分 
  • [Edit]

 

新キャラ・Mr.スミス登場!グラサンイケメン?ワクワク。そして探せばあるとメイさんに希望を与えた新たなピソ見学。
不動産購入や部屋貸しをちらっと考えてしまうほどだなんて~!?先週じゃ考えられなかった考えですね。まさに百聞は一見に如かず。
当時のスペインの不動産事情まで知ることができるなんて、お得な気分を味わえてます。勿論私は買う予定なんてありませんけど…(笑)
  • posted by sion 
  • URL 
  • 2008.12/03 23:35分 
  • [Edit]

ますます続きが楽しみです 

不具合、解消したみたいでよかったですねえ。
ごめんなさい、私、生ハム&メロン、好きです・・・私が子どものころは、生ハムというはものすご~~~く珍しいもので、(ン十年前です)「これまた貴重なマスクメロンの上にひらりんと一切れ載っている」のが由緒正しい姿、とインプットされてしまったので、それを大人になって口にできたときは、とてもおいしいと思いましたよ。でも、スペインのハモーンは固めのが多いので、食感的にはビミョーかも。プロシュートの超薄切りの方が合いそうですね。
  • posted by まじょり 
  • URL 
  • 2008.12/04 00:13分 
  • [Edit]

>sionさんへ 

ほんと、現地で実際に足で歩いて目で見て現地人に聞いてみないとわからないことって沢山あります。
今はネットもだいぶ浸透して、当時よりは生の情報を得やすくなったとはいえ、依然、ローカルな情報というのは手に入りにくいし、そこにこそチャンスがあるのかもしれません。
ええ・・・わたしも・・・買う予定はないのですが・・・(笑)
今はユーロ導入後、物価高で、もはや手が出ない値段になってしまっているようです。トホホ
  • posted by ひつじのメイ(cro1022) 
  • URL 
  • 2008.12/05 01:49分 
  • [Edit]

>まじょりさんへ 

あ、そうかもしれません!
厚切りの、塩気と野趣・風味のつよいハモンだから、メロンに合わないのかもしれません。メロンにあわせて食べるって、
もっと上品なものなのかも・・・そっか、そうだったのですね・・・!(^^;)上品って、スペインのイメージからはかなり遠いような気がしますが(笑)
私の子供時代も、メロンや生ハムなんて一年に一度食べるか食べないかの高級食材でした。あまりに高級すぎて、庶民な舌がおいしさを理解できないのですね・・・これまたトホホです(^^;)
  • posted by ひつじのメイ(cro1022) 
  • URL 
  • 2008.12/05 01:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。