ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【留絵39】見えなくなっていることに気付くということ

(39)


留学絵日記 第二章

「これがカルチャーショック?」 

ようやく寮に落ち着いて

勉強に集中できるはずなのに・・・・? 
**********************************

ぺっ 

冗談じゃないわ、貧乏神なんて!

スペインに到着した頃は

あれほど乾燥対策にも余念が無かったのに

ピソのこととか学校の忙しさなどにかまけているうちに

気がついたら随分と手抜きになっていたのでした。

気がつけば、

肌は荒れているし

洋服は決まりきったものばかりローテーションで着ているし

(しかもベージュとかグレーとか

定番でおとなしくて

かわいくもなんともないシンプルなものばかり)

手だって爪だってガサガサ。

こんなことではいけません。

潤いのある心は潤いのあるお肌から。

明るい笑顔は明るい色のお洋服から。

考えてみれば

バルセロナに到着してからと言うもの、

毎日おざなりなシャワーばかりで

湯船というものに浸かったことがありませんでした。

バスタブは大きくて美しいものがあるのですが

湯船をはるという習慣のないスペインで

贅沢に熱々の湯をはることに

申し訳なさというか贅沢感があって

(寮費には電気水道光熱費込みだったので)

なんとなく遠慮してきたのですが・・・

ええい。

はってしまえ。

じゃああああああああ。

湯船最高! 

あ~、この、熱い湯に体を浸す瞬間の開放感。

胸のそこから「はあああああ」

っというため息が出てきます。

(ええ、オヤジみたいです・・・)

これよこれ!

これを求めていたのね、わたし。

お風呂にゆっくり入るって、

本当にリラックスになります。

私は無類のお風呂好きで

自宅のお風呂でものんびり入れば1~2時間は

あっという間だし、

スーパー銭湯の類はもうよだれがでるほど大好物で

あらゆる種類の湯船やサウナを制覇しつつ

休憩を織り込みながら半日~1日中そこにいてもいいくらい。

そんなわたしがずっとシャワーだけで過ごすなんて

到底無理な話なのでした。

***************************

さて、久しぶりの湯船にゆったりと浸かりながら、

最近の不調の理由について考えてみました。。。。

そんな、女子高校生じゃあるまいし・・・ 

まさか。

そんな、女子高校生じゃあるまいし、

そんなヘタレな理由がありますか(笑)。

確かに、今ここに、

日本語でスペインのあんなことこんなことを

存分に語り合える、気心の知れた友人がひとりでもいたら

いいだろうなあと思います。

でも。

もともと友人を作るのには、

人並み以上に時間がかかるタイプです

バルセロナに来る前に3ヶ月ほど

マドリード近郊の大学の語学コースで勉強したときには

帰国後も手紙のやりとりをするような友人になれたのは

たった二人きり。

(スコットランドの女の子と、アメリカ在住の韓国人の女の子。

3人で自分の国のお料理をつくりあったり、

ショッピングモールに行ったりしたのは大切な思い出です。)

しかも、周囲には日本人学生が何十人といたのにも関わらず、

最後まで日本人の女の子たちとは

そこまで深いお付き合いにはなれませんでした。

今、このバルセロナで、偶然にしろ、

日本人が回りにひとりもいないこの環境。

つらくもありますが、

同時に、

ある意味、気持ち的に楽かもしれないとも

思うことがあるのです。

複雑な思いなのです 

日本の子たちは

いつも質問攻めなのです。

留学して、どうするの?

そんなこと勉強して何になるの?

帰国して、仕事はどうするの?

将来は、どうするの?

ひとつひとつに模範的な答えを用意していられたら

そんな質問などどうってことない

世間話のひとつなのですが

正直なところ

その頃の私はもっともっと不安定でした。

そんなに、どうするの、どうするの、と聞かれても

上手に答えられない。

例えばなにか人に誇れる仕事を持っていて、

そのスキルアップのために来ているわけじゃない。

今勉強していることを

将来確実に生かしていける保障なんてどこにもない。

日本にいる友人たちは

皆ちゃんと就職して社会人として働いて、

確実に人生のステップを昇っていっているのに

私は世界の西の果てまで来て

そんなことひとつ、まともに答えられないのです。

それに。

周囲には環境に適応するのが

とっても上手なタイプの留学生もいて

あっという間に外国人の友人たちとスペイン語や英語で歓談し

どんどん夜遊びにディスコテカに出かけたり、

バルめぐりに出かけたり

ええっ、と思ったときには、

カッコイイスペイン人の彼氏が出来ていて、

スペイン語がありえないほど

流暢になっていたりして

「留学の目的?

そんなこと、うじうじと考えているから

いつまでも煮え切らないのよ」

と鼻で笑い飛ばしてしまうほどのつわものもいたりして。

そのくらいの度胸と言うか、覇気と言うか、(色気というか?)

そいういう竜巻のような強さが

あるわけでもなく。

だからそういう、留学生の鑑みたいな

優秀な日本人留学生のみなさまから離れていられて、

かえってよかったような気もするのです。

ぶくぶくぶく 

そうでなければ

いつまでも果てしなく

人と自分を比べては落ち込んで行きそうです・・・・

声に出して言ってみよう 

おおっと、

危ない危ない。

もとより考えすぎの癖があるわたし。

考えすぎて身動きが取れなくなったり、

極限まで身動きが取れなくなるまで我慢するものだから、

反動でとんでもない行動に出たりしてしまうことも

しばしば。

日ごろから、忘れないようにしている言葉があります。

座右の銘です、これ。 

時には考えるより、

目の前の一番簡単なことを

ただ習慣にしたがって

淡々とこなしていくことが

復調につながるということ。

今までだって、それで乗り越えてきたのだから。

いい湯でした~♪ 

そうですよね。

うじうじしたって、

もう、来ちゃったものは、仕方がない。

とにかくこれ以上貧乏神を寄せ付けないように

美容のお手入れをしっかりして、

明日は綺麗な色の洋服を着ることにして

しっかり食べて寝て

あとは好きな絵を描く時間も作りましょう。

スペイン語のほうは、

勉強に煮詰まると

学校帰りによった本屋さんでみつけた

スペイン語学習者向けの薄いペーパーバック小説

(入門者用でとっても簡単なものです)

を読んだりしました。

簡単なことを繰り返すって効果的です 

入門者向けといえども、

ストーリーはちゃんとしたサスペンスものだったり、

探偵ものだったりするので

教科書ばかり読んでいるより柔らかくて読みやすいのです。

1ページにわからない単語が5個くらいしか出てこないので

推測しながら読めて辞書いらずなのも快適。

こうしてバルセロナでの最初の1・2ヶ月は

答えの出ない疑問や不安を胸に抱えつつも

あっという間に過ぎていきました。

***************************

応援してくださると、エネルギーがわきます~~
   

FC2ブログランキング・海外ブログ村に参加中
 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

お気に召しまして?人気ブログランキングへポチっとね。

留学絵日記(40)へ

Comment

 

日本からとっても遠いスペインに単独でいくこと自体に,意義があるとおもいます。
その勇気があれば,人生色々なことを乗り越えて行けると思います、、。色々言った人達は,その勇気をきっと、どこかで口には出さなくても羨ましいと思っていたと思います!
  • posted by ワクワクドキドキ 
  • URL 
  • 2009.01/12 09:22分 
  • [Edit]

 

わかる~
考えると煮詰まっちゃいますよね。私もよく落ちいるパターンです。
切り替えって大切。メイさんのそんなとこが好きですよ。
私も留学中は(他国ですが)なかなか友達できなくて悩みましたが、自分のペースを崩して、自分らしくなく無理してまでもって思いました。結局表面だけの付き合いになったり、すごく疲れたりして良い事ないし。
やっぱり気持ちの整理には風呂ですね。
途中で水にならなくて良かったですね。

わかるな~ 

私は私って思っても、人と比べちゃうこと、ありますよね。特に、留学中という、ある意味日本社会的には宙ぶらりんなときは。
私も同じような思考経過をたどったことあるので、よくわかります。
そして、メイさんの、
目の前の一番簡単なことを
ただ習慣にしたがって
淡々とこなしていくことが
復調につながるということ
という解決法は、大正解だと思います!!!パチパチ
  • posted by まじょり 
  • URL 
  • 2009.01/12 16:48分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.01/12 18:10分 
  • [Edit]

お風呂ー 

やっぱり日本人はお風呂ですね~。
銭湯の類を見つけると一度は入りにいくぞーッとチェックしてしまいます。

日本の人の根掘り葉掘り・・・。
元とってなんぼって考え方なのでしょうね。
学生の時漫画描いてて、父から
「それで儲ける気か?!」って言われて唖然とした事を思い出してしまいました。
なんだかその質面攻めの中に、
始めたからには何かモノにしなきゃ損。
と言う省エネというか無駄にしない思考が有る気がします。
オカネカケテルンダカラ。
オカネニシテモトトラナキャ…。

そんなことより、目の前のことを楽しもうよですね。
その人たちが一見無駄に見えてしまう経験やちょっとした出来事が10年・20年たって無駄でなかったと思える日が必ず来るのだから。
逆に日本では、根掘り葉掘りより
「もう若くないしー」
をよく聞きます、たいてい私より、10年以上若い方々…。
幼稚園で出会うママさんでもその傾向大。
何でも試すのっていくつになっても遅くないじゃん!!っと言いたい
年が近くても同様です。
自分で自分を小さくしたくないなーっといつも感じます。



  • posted by らいち 
  • URL 
  • 2009.01/12 23:13分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.01/12 23:56分 
  • [Edit]

共感! 

嗚呼・・・分かります・・・。
私もNYに居た時…、「なぜ来たの?」「何をしてるの?」と常に質問攻めにあい、「主婦です」と答えるのが辛くなったほど…。
状況は違えど、とても共感しました…。

最近の自分も振り返って、お化粧無し、乾燥で肌荒れ、暗い色の服、同じ物ばかりローテーション、(笑)耳が痛いですw

明日は私も、ちょっとゆっくり自分手入れして、明るい色の服を着て、出かけます!
  • posted by マドリーの魔女。 
  • URL 
  • 2009.01/13 00:23分 
  • [Edit]

 

私も行く前から不安がたくさんありました。30才手前で行って、特に人に誇れる仕事も、経歴もなく、ただスペインが好きでたまらなくて行ってしまいました・・・行く前に友人にも「何で行くの?(今さら?)」って何度も聞かれました。今思えばあの頃はキチンとした答えがないと周りが納得しなかったように思います。まぁ、帰ってきた今も不安なことはいくらでもありますけどね。。なので、私は絵がこんなに描けるメイさんを尊敬しますよ~!!
  • posted by tortilla 
  • URL 
  • 2009.01/13 01:44分 
  • [Edit]

ワクワクドキドキさんへ 

勇気・・・!勇気といったら、ワクワクドキドキさんのように、国際結婚、
そして基地での暮らし、という生活にどおんと入っていくのも勇気ですね(^^)
黒人の差別と逆差別のお話し、とっても興味深く拝見しています。
普段日本で日本人だけに囲まれてくらしていると
忘れがちな気持ちを思い出しました。。。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/14 13:49分 
  • [Edit]

ぴのこさんへ 

> 私も留学中は(他国ですが)なかなか友達できなくて悩みましたが、自分のペースを崩して、自分らしくなく無理してまでもって思いました。結局表面だけの付き合いになったり、すごく疲れたりして良い事ないし。
わかります、わかります。
わたしもふと、「ちょっとくらい無理してあわせてもいいんじゃないか」と迷ったりしました。
でもおっしゃるとおり、疲れるだけで、他にも支障が出てくるし
いいことないのですよね。
でも、周囲がどんどん仲良くなっていく中での孤独感、
あれはたまらないものがありますよね~

> 途中で水にならなくて良かったですね
あ、そういえば。
ここの寮は上下水道設備はとても上質で、
いつでも自由に好きなだけシャワーを浴びることが出来ました。
ヨーロッパでは、お湯が出なくなったりすることって多いですね。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/14 13:52分 
  • [Edit]

まじょりさんへ 

> 私は私って思っても、人と比べちゃうこと、ありますよね。
そうですよね~、「わたしは私よ」なんて自分にいい聞かせている時点からして、
何かと比べていたことへの反省ですものね・・・(苦笑)

自分では切り替えているつもりなのに、
全然切り替わってなかったりして(^^;)
まじょりさんも、そんなご経験なさったのですね。
やっぱり異文化になじむ過程では誰もが通る道なのかしら。
拍手ありがとうございます(^^テレ)
でも口で言うほど、立派じゃなくて、
結局「迷い道くねくね~~~~」なのです(^^;)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/14 13:56分 
  • [Edit]

鍵コメRさんへ 

そうなのです。
もう、考えすぎるほど考えるわりに、
それを口で表現するのが下手なので・・・・(^^;)

> 当然ながら、閲覧者さんがみんな外国在住のかたばかり……。私、もしかして浮いてません?

そんなことありません!
コメントくださる方は海外在住者の方が多いかもしれませんが、
もちろん日本の方でもご覧になってくださっている方は
いらっしゃると思います。
あまりおきになさらずに、気軽に遊びにいらしてください(^^)

> 留学……。というか海外、ハネムーンでしか行ったことありません。

夫もおなじです(^^)
いつかまた行きたいなあ~~!と常々言っています。
Rさんはハネムーンはどちらへ行かれたのですが?(^^)


プリントアウトは、ご忠告通りやめておきます・・・
で、昨夜またしても、前のほうを読み返しにいってうっとり。
出合って誤解が解けるところが、好きなんですよね~~(うふ)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/14 13:59分 
  • [Edit]

らいちさんへ 

> 元とってなんぼって考え方なのでしょうね。

そういうことなの!そうなのそうなの。


> 始めたからには何かモノにしなきゃ損。
そうそう、
そして、初志貫徹とか、道を究めるとか、
始めたら、ず~~~~~っとそれを変えてはいけない、
っていう考え方が、
窮屈なんですよね。


> 「もう若くないしー」
> をよく聞きます、たいてい私より、10年以上若い方々…。

ぎくぎくぎく。
わたしも、この当時、まだ20代だったにも関わらず、
二十歳とか、21歳とかで留学してきている現役大学生たちと自分を比べて
もう若くないし~
とか思っていました・・・若いよ!!っていうより青いよ!!って感じですよね、アハハ。
今思うとバカみたいだと思います(^^)


> 幼稚園で出会うママさんでもその傾向大。

うんうん。
ただ、子育てしていると、親としての立派な態度を世間から求められている気がして、
それが日々、
「ああわたしももう、バカなことは出来ない、大人にならなくちゃ。
このくらい我慢しなくちゃ、耐えなくちゃ」
なんて思うことが出てくるんですよね。


> 自分で自分を小さくしたくないなーっといつも感じます。

そうですね(^^)
らいちさんも育児中なんですよね、
お互い、出来る限り柔軟な心でいられるよう、がんばりましょうネ!
(ああ、自戒・・・)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/14 14:05分 
  • [Edit]

鍵コメTさんへ 

初のコメントありがとうございました(^^)
脳味噌って、どうして考えるのを辞めないのでしょうね??
起きているときだけじゃなくて、
悩み事ってねむっているときまで夢に出てきたりしませんか?
下手な考え休むに似たり
この言葉、わたしもどこでどなたに教えていただいたのか
今となってはすっかり記憶にないのですが
でも、ちょっと、すっきりする言葉ですよね(^^)
ああ、悩みすぎたってしょうがないなあって。
また是非遊びにいらしてくださいネ。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/14 14:08分 
  • [Edit]

魔女さんへ 

> 嗚呼・・・分かります・・・。
> 私もNYに居た時…、「なぜ来たの?」「何をしてるの?」と常に質問攻めにあい、「主婦です」と答えるのが辛くなったほど…。
> 状況は違えど、とても共感しました…。

おおお!
やはりそうですか!
日本の方は、お互いの共通の何気ない話題より、
相手のバックグラウンドとか、個人的事情とか、そういうプライベートを
結構遠慮なくつっこんできますよね。
日本人は遠慮深い民族だなんていいますが、
時と場合によるのでは・・・と思っていました。

主婦です、だって立派なことなのに。
だけど何か、責められているような気がしてくるんですよね。

>
> 明日は私も、ちょっとゆっくり自分手入れして、明るい色の服を着て、出かけます!

いってらっしゃいまし~~~(^^)
おしゃれで心が浮き立つのは女性の特権!(かな?男性もそうかな?^^)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/14 14:12分 
  • [Edit]

tortillaさんへ 

今思えばあの頃はキチンとした答えがないと周りが納得しなかったように思います。

ウンウン。
そう、その通りです。
周りが納得しないのですよね。
理由なんて、わからないわ、行ってから、何か見つけるわ、じゃ。
行き当たりばったりの人生なんて駄目よ、ちゃんとしなさい、
もう社会人なんだから、云々・・・ってね。

でも留学しなくても、やっぱり人生に不安はつきものですよね。
自分で選んだ道なら、
信じられますもの。
そこが、違いますよね。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/14 14:15分 
  • [Edit]

 

うーん、これもなかなか重かったぁー
そうなのよ、スペインに留学することを実行したこと自体がすごいことだと思いますよ。
ラテンの国はやっぱり日本人には難しいっていうか難易度高いと思いますよ。
実は私はイギリス留学組なんです(もう大昔のことだけど・・笑)イギリス人って大体日本人と考え方が似ているし生活パターンもほとんど同じ。何もかも楽でした。

あ、お風呂もシャワーも日本みたいに熱々でよかったなぁー
スペイン・・・最初にだんなの両親の家でシャワーが途中から水になったときはほんとーに驚いたというより何が起こったのかわからなかったわよーーー
  • posted by Miwakitz 
  • URL 
  • 2009.01/18 00:43分 
  • [Edit]

Miwakitzさんへ 

> うーん、これもなかなか重かったぁー
重めの記事が続いております。
マイナスモード期到来なのです。。。


> ラテンの国はやっぱり日本人には難しいっていうか難易度高いと思いますよ。
> 実は私はイギリス留学組なんです(もう大昔のことだけど・・笑)イギリス人って大体日本人と考え方が似ているし生活パターンもほとんど同じ。何もかも楽でした。

そうなのですか?!
イギリス、ますます行ってみたくなりました。
旅行では行ったことがあるのですが
そこに暮らしてみたいな~。
イギリスはデザイン的要素とホテルの豪華な朝食が大好きです(^^)
でもお天気は・・・(苦笑)




  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/20 06:23分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。