ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【留絵40】本音と建前

(40)


留学絵日記 第二章

「これがカルチャーショック?」 

ようやく寮に落ち着いて

勉強に集中できるはずなのに・・・・? 
**********************************

夜のバルセロナ 

サン・フアンの夜。

真夜中のバルセロナ

バルセロナ中心部のゴシック地区

中世の面影が色濃く残る街並みは

夜になるとさらに迫力を増す。

その人気の無い、細くて暗い裏路地を

急ぎ足で歩く。

目が合った! 

視線を感じて振り向けば

暗がりに男

青緑色の顔、落ち窪んだ大きな目

腕に突き刺した注射器

韓国人のクラスメイトで噂の相手の・・・ 

そしてなぜか、隣にはK。

(韓国人のクラスメイトの、あの噂の相手のKです)

それは私にもわからない 

本当に、どうして。

何がどうなったら、こうなんるんだか。

私にだって、わかりません。。。。

*********************

事の始まりは、その日よりも1週間ほど前にさかのぼります。

お家賃をはらいに行くと・・・ 

家賃を払いにセニョーラのところへ行きました。

何日か前、

バスルームの鏡に映った己の憔悴した姿に

驚愕してからというもの、

美容集中ケア週間を設けて

髪も肌もパックしたり塗ったり洗ったりを繰り返し、

また、

スーツケースの底の方から

まだ着ていなかったお洋服やパンプスも引っ張り出して

見た目大改革。

(反対にジーンズは仕舞いこみました。

ジーンズがあると、ついついラフな格好になって

気が抜けてしまうのです。。。。)

ようやくまともに見られるようになったようで、

これでセニョーラにも安心して顔が見せれます。

そのようなわけで

その日、

お家賃をわたして領収書をもらって帰ろうとすると

セニョーラが

「あ~、そういえば、メイ。

サン・フアンの夜は何か予定あるの?」

と訊いてきました。

私「いいえ、いまのところは・・・」

「あ、そう?あのね、え~っと、

メイさえ良かったらの話なんだけど・・・

その日はうちの家族で集まってディナーをするんだけどね、

メイも来るかい?」

え、いいんデスカ?うんうん、予定なんてありません。

うれしいナ。

と答えようと思ったのですが。

すっかり忘れていました 

ううん?

なんだか、微妙なセニョーラの口調です。

どっちですか・・・? 

やけに、『もしも、もしも、予定が無かったら』を

強調するのです。

これは・・・私にはすでに予定があることが

大前提なのでしょうか?

つまり、行っていいのかな?良くないのかな?

社交辞令?

素直に喜んだほうがいいの?

かっこつけて断ったほうがいいの?

わからない・・・・。

そのとき私とセニョーラの間には、

なんともいえない微妙な空気が漂っていました。

なんとか、セニョーラの優しい申し出に感謝の意を表しつつ

セニョーラの本心を知る方法は無いものか。

咄嗟につぶやいてみました・・・。

ま、こうでしょ・・・やっぱり 

すると、やはり。

セニョーラはほっとした表情デス・・・・。

その表情を見て、

なんとも気が重くなる私。

そうか・・・本音と建前があるのは

日本人だけじゃないですよね。

セニョーラの本当の心の中はわかりませんが

100%ディナーに誘いたかったわけじゃないけれど

100%断って欲しいと思っていたわけでもなくて

その中間だったのかもしれません。

『遠い国からきた留学生が自分の寮にひとり。

普段からそんなに遊んでいる気配は無い。

真面目なのは結構なことだけれど

真面目すぎるのも考えものよねえ。

一緒に祝日を楽しむ友人がいれば安心だけどね。』

という、ちょっと複雑な大家心?

どちらにしても

これで自分で自分の首を絞めた形になった

私・・・。

Kがパーティをするって言って

クラスメイトたちを誘っているのは事実ですが

私は誘われたわけじゃないですもの。

それにあの噂もありますし。

Kだって迷惑だろうから

私には声をかけないでしょう。

あ、でもでも。

なけなしの小さな私の名誉のために言わせて頂ければ、

もちろん、

それはそれで構わなかったのです。

正直なところ、知らない人たちが次々と出入りする

「勝手にみんなで盛り上がって」形式の

欧風パーティはどうにも苦手です。

だからその日は

いつもよりちょっと高めの生ハムと

美味しいイチゴに生クリームでもたっぷり乗せて

ひとりでのんびり部屋で過ごしたかったのですが・・・

うわあああん。

これで

とにかくどこかへ出かけなければならなくなりました。

こうしてまた気の重いことが一つ増え。

ああ、ごめんなさい。前言撤回!

日本人の友達ほし~~~い!

とこのときほど思ったことはありません。

留学生友達がいたら、

もっと気軽に誘い合って遊びに行く事だって出来るのに。

外国人のクラスメイトは

やっぱり日本人の子と同じように気軽には誘えないのです。

だから、あんなに気軽に

パーティするぞ~~なんて言ってみんなを誘える

韓国人のKは、つくづく尊敬してしまいます。

このときの、

私の情けない気の弱さが

冒頭のような事態を引き起こすことになろうとは

このときにはつゆほども思いもしませんでした。

 

***************************

今週は絵日記のアップは難しいかな・・なんて思っていたのですが

描き貯めていた絵がありましたので

ぎりぎりアップしました。

格好つけて、とにかくどこかへ出かけれなければいけない

という状況から、

中島みゆきさんの古い歌を思い出しました。

「マリコの部屋へ 電話をかけて

男と遊んでる芝居続けてみたけれど」

っていう、悪女という歌です。

私の場合はロマンスがらみは一切ありませんが(苦笑)

 

さて、サン・フアンの日について。

聖ヨハネの祝日。

丁度夏至の頃と重なり、スペイン各地に夏の到来を告げるお祭りです。

バルセロナでも、前夜には海沿いの地区のほうで

爆竹がなり、花火が回り

沢山の人が歌ったり踊ったりの大騒ぎの夜です。

バルセロナに暮らす人たちは、

家族や友人で集まり、ディナーを取った後

COCA  DE  SANT  JOAN

(コカ・デ・サン・フアン)という

ドライフルーツがたっぷり入ったパンを食べ、

スペインの有名なスパークリングワインのカヴァで乾杯するのが

一般的な過ごし方だそうで、

セニョーラが誘ってくださったのは、

このディナーですネ。

わたしったら、変なミエなんて張らないで

行けばよかったのに・・・ねえ(涙)

 

 

応援してくださると、エネルギーがわきます~~
   

FC2ブログランキング・海外ブログ村に参加中
 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

お気に召しまして?人気ブログランキングへポチっとね。

 

 留学絵日記(41)へ

Comment

あわわわ・・・。 

ちょっと危険な匂いが~。
無事だったのは、今ここでメイさんがブログを上げていることが証明してますよね。
ドキドキしつつ次を待ってまーす。
  • posted by らいち 
  • URL 
  • 2009.01/17 23:05分 
  • [Edit]

 

分かります!とっさにセニョーラに言ってしまったメイさんの気持ち。向こうは皆休日、祭日といったらパーティ気分ですものね。スーパー、デパートも閉まるし、中途半端な祭日、って実は嫌いでした。(欧米流のフィエスタも私も結構ニガテです。)皆は家族と過ごせるけど、遠い異国の地では一人だし。学校があるほうがどれだけ嬉しいか・・
メイさんのBlogに訪れた大半の留学生が共感してるハズです!
どうして例のKさんと夜の街を歩くことになったのか、真相楽しみです!(ジャンキーのおじさん・・怖いっ!)
  • posted by tortilla 
  • URL 
  • 2009.01/18 00:21分 
  • [Edit]

 

やぁーと来れましたぁー!
今日明日は皆さんのブログへのコメントに徹するつもりでがんばって書いてますよぉー!!
コメントあんまり出来ていなかったのにコメントほんとうにありがとう!スペインの生活・・・相変わらずばたばたしております。

うーん、社交辞令ねぇー信じられないぐらいありますねぇーもしかして日本以上かもよ。

こんなはじめての留学のときなんかは、それでも(社交辞令だろうなと思っても・・_大家さんセニョーラサッチーのお誘いを2つ返事でお受けしていたら楽しかったかも・・・スペインのお祭りの過ごし方もわかるしね。
真面目なメイさんを見て気遣ってくれている感じも見受けられるし・・・
(思うにスペインもそこそこのクラスのお年寄りはやっぱり義理堅いみたい・・・若い人よりちゃんとしている・・・)

夜のバルセロナも楽しいけれど、場所によってはこんなジャンキーたちがうじゃうじゃ・・・
いまだにまっ昼間から娼婦の方々もうじゃうじゃ・・・バルセロナはいろいろな顔を持っているよね。
  • posted by Miwakitz 
  • URL 
  • 2009.01/18 00:27分 
  • [Edit]

おめかしですね? 

わぁ・・・どうやって、冒頭の様な状況になったんだろう(≧。≦)?気になります。メイさん、髪の毛ウェーブしてるし!続きは、ゆっくりお持ちしてます。

…どうでもいいですが、私、中島みゆきの「悪女」大好きなんですw久しぶりに思い出しました…。
  • posted by マドリーの魔女。 
  • URL 
  • 2009.01/18 02:55分 
  • [Edit]

次回の展開が気になります…! 

いきなりバイオレンスな展開…!謎の注射器の男、お祭りの怪しげな雰囲気が気になります><;
スペイン人の方にも、日本的な本音と建前があるんですね。セニョーラの気遣いから始まった祭日の過ごし方が、どんなことになってしまうのか…。ドキドキしながら次回を待ってます。
  • posted by sion 
  • URL 
  • 2009.01/18 13:38分 
  • [Edit]

らいちさんへ 

危険危険~!
でも実はスペインでは、結構麻薬はポピュラー(?)らしくて
麻薬をしている人は何人か見かけました。
人生をあんなもので台無しにしてしまうなんて、
と思うのですが
口出しは出来ない雰囲気なのです。
その辺りのことも、おいおい書いていきますね(^^)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/20 06:10分 
  • [Edit]

tortillaさんへ 

(欧米流のフィエスタも私も結構ニガテです。)

えっ、そうなのですか?
ついつい美人なお写真から、きっとパーティでも生き生きピカピカされている方なんだろうなあと思っておりました(^^;)同士だったとは・・・!!やっぱりお互い、ヒツジですよね~!うふふ。

学校があるほうがどれだけ嬉しいか・・

そうなんですよね。
こればかりは、日本にいたころとは正反対(笑)
フィエスタを楽しめるようになるのは果たしていつなのか・・・・?
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/20 06:14分 
  • [Edit]

Miwakitzさんへ 

コメントのことは全然気になさらないでくださいネ。
私はMiwakitzさんのブログが面白くて(^^)給食まで自宅で作っているなんて
時間がなくてなくて本当に大変だと思います。
慣れるまで、がんばってください(^^)

> うーん、社交辞令ねぇー信じられないぐらいありますねぇーもしかして日本以上かもよ。

ああ、やっぱり・・・!

>
>大家さんセニョーラサッチーのお誘いを2つ返事でお受けしていたら楽しかったかも・・・スペインのお祭りの過ごし方もわかるしね。

そうですよね~、今思うと、それも良かったなあって思います。
あの頃より数年歳をとっていますが
歳をとると色々見えてくることもある気がします。
あっ、ずうずうしくなったとも言う・・・・(><;)?

> (思うにスペインもそこそこのクラスのお年寄りはやっぱり義理堅いみたい・・・若い人よりちゃんとしている・・・)
>

うんうん、それは感じました!
しっかりしたお年よりは、日本人のお年寄りのように
とてもお付き合いしやすかったです(^^)


> 夜のバルセロナも楽しいけれど、場所によってはこんなジャンキーたちがうじゃうじゃ・・・
> いまだにまっ昼間から娼婦の方々もうじゃうじゃ・・・バルセロナはいろいろな顔を持っているよね。

そうですね~。
私は娼婦の方々にはお会いしていなくて(あるいは見極めができていなかったのか)。
バルセロナには暗い側面も結構ありますね。。。
でもきっと世界中の都市に共通のことなのですよね。
当然東京にだってそういう部分はあるし。。。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/20 06:21分 
  • [Edit]

魔女さんへ 

> …どうでもいいですが、私、中島みゆきの「悪女」大好きなんですw久しぶりに思い出しました…。

私も大好きです(^^)
なんか、かっこつけている女性の本音というか、なんというか。
中島みゆきさんは昔の歌のほうが好きで。
ユーミンなども昔の歌のほうのファンで。
今の歌も好きな歌は沢山あるけれど
昔の歌って頭に残るんですよね(^^)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/20 06:26分 
  • [Edit]

sionさんへ 

本音と建前ってありますよ~~!
例えば、こんなこともあります・・・。

何人かのグループに、自分も参加したいとき。
ひとりに、「私も参加していい?」と聞くと、
「私は、かまわないわよ」
っていう言い方をすることがあって、
これは要注意。
「私は、かまわないわよ(でも他の人はどうかしら。自分で空気を読んだら?)」
的なニュアンスがあるときがある・・・怖っ!!

私はこういう言い方をされたことは無いのですが
されている人を見たことがあって
ひどい・・・!!
と思ったのです(><;)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.01/20 06:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。