ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

今から数年前、スペイン・バルセロナに留学していたときのトラブル満載だった怒涛の日々を綴っているブログです。たとえどんなに和を尊ぶ日本のヒツジだって、怒れる時は戦うのです!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【留絵51】スミスのコツの効果は果たして?

(51)


留学絵日記 第二章

「ラビリンスへようこそ」 

夏至の日を境に、

バルセロナは本格的な夏へ向かって一直線。

そして私は悩みの迷宮に向かって一直線。 
**********************************

現実が物語のように、

ひとつのストーリーに添って理路整然と進んでいたら

実にシンプルで分りやすいのですが

そうもいかず。

キッチンと洗濯機、アトリエまでも使えるようになったときには、

すでにピソ訪問の予約を3件とっていました。

そう、例の、『スミスのコツ』を実践してみたのです。

断ることもできたのですが、

『スミスのコツ』、

その効果のほどが知りたいではありませんか。

最初に訪問予定だったのは

バルセロナの西のほう、サンス駅に近い場所にあるピソ。

建物の最上階で、募集は「女子を求む」。

女の子ばかりのピソです

出迎えてくれたのは、3人の明るい女の子たち。

ピソの内部も、全体に白で統一されていて明るく、

また、女の子のピソらしく

ほどよく整頓されていて清潔感が漂っています。

スミスのコツを実践してみてわかったことのひとつに、

良いピソでは、

住人たちによる面接があるということ。

応募者たちと実際に話をしてみて、

自分たちと価値観が近く、

楽しく気持ちよく生活を共有できそうな人を選ぶためです。

なるほど、言われてみれば

ピソは探すほうも大変ですが

同居人を募集するほうも、神経を使うものなのですね。

彼女たちはひととおり私との面接を終えた後、

ピソの中を見せてくれました。

そして、さらにベランダから外へと案内されます。

どうやら外に見せたいものがあるようなのです。

ついていってみるとそこには

 

みせたいものって・・・ 

うわあ~!  

バルセロナの青い空を映しこみ、

キラキラと輝くかわいいプールが!

プールサイドでパーティなんてドラマみたい 

プールサイドでフィエスタなんて

なんておしゃれなんでしょう。

これは・・・・

『スミスのコツ』って、本物かもしれません。

のっけから、思わず心を動かされそうなステキなピソです。

とんとん拍子に話が進みそうだったのだけど 

通常、選考の結果は

あとから電話で知らされることが多いのですが

このときは女の子たちもその気になっていたようで

いつから来れる?と聞かれました。

年齢の近い女の子たちとも仲良くなれそうで、

ここなら引っ越してもいいかもしれないと

一瞬思ったのですが

おん?

 おん?

きゃんきゃん?

犬の世話??

そりゃ、ないよ、お姉さん。

いくらなんでも 

もちろん、丁重にお断りいたしました。

なんか違うよね・・・  

家賃が特別安いわけでもなく。

お金を払いながら、彼女たちの犬の世話を

夏中ひとりでするなんて、

なんか・・・・おかしいでしょう?

なんだか頭の裏側あたりがモヤモヤいたしますが

ま、いっか! 

ここはさくっと切り替えて

残りの2軒を見に行きました。

それにしても、彼女たち、

ちゃっかりしているというか、何と言うか・・・(苦笑)

*******************************

Yくんは明晴学園幼稚部に通っています。 

Yくんは、東京・品川・八潮にある明晴学園に通っています。

ここは全国でも唯一

ろう児たちが『日本手話』で勉強できる学校です。

じつはここ、2年前にできたばかりのほやほやの新設校。

しかも、国が作ったのではなく、ろう児の親や様々な協力者たちによって

草の根の運動が展開され、手作りで作られた学校です。

(とても興味深いブログはこちら→明晴学園ブログ

それまで、日本では

耳の聞こえない子が「日本手話」で勉強することができる学校が

存在しなかったのです。

ちなみに・・・『日本手話』と『日本語対応手話』は違います。

日本手話と日本語対応手話はちがうんだよ 

『日本手話は、日本語を手の形に直したものではなく、

日本のろう者がむかしから使ってきた自然言語です。

~~(中略)~~

ろう児たちは教室で先生が何をいっているかをまちがいなく理解し、

自分のいうことをきちんとわかってもらえるという絶対の安心感がもてます』

(明晴学園HPより抜粋)

普通に聞こえて、普通に日本語で暮らしている私たちにとって

あたりまえのことが、

ろうとして生まれた子供たちには

いままであたりまえじゃなかったんですね。

この明晴学園、とてもユニークで素敵な学校なんです。

それは、ろう者の学校だから、という意味ではなくて、

学校と言うひとつの教育機関として。

かなうことなら息子にも通わせたいと思うほどです。

また少しずつご紹介していきたいと思います(^^)

****************************************

この度、「エッセイ・ブログ大賞」大賞を頂きました。いつも応援ありがとうございます(^^)
   

FC2ブログランキング・海外ブログ村に参加中
 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

お気に召しまして?人気ブログランキングへポチっとね。

 留学絵日記(52)へ

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.02/13 07:51分 
  • [Edit]

 

それって、ちょっと?とても変ですね。そんな都合のいい人なんて見つからなかったことを祈りますよ。
手話も色々あるんですね。勉強になります。国が作ったのではないんですね、、まだまだ福祉後進国なんですね、日本って、、。
  • posted by ワクワクドキドキ 
  • URL 
  • 2009.02/13 16:23分 
  • [Edit]

住まいの問題、一件落着じゃなかったの? 

このブログに限って、んなことはないって?イヤー楽しみですな。

この3人組、感じがよかったりお部屋もよかったりした分、もやもやが大きいですよね。確かに、OKする前に言ってくれただけ、よかったですよね。

伝統的手話って、そもそも身振り起源だから、国が違っても、けっこう通じるらしいんです。
アメリカン・デフ・シアターに勉強に行った方が本に書いていたのですが、レクチャーは英語対応手話なので、30パーセントくらいしかわからなくて(それだって、すごいですよね、音声言語じゃありえない確率!)隣の学生が、伝統的手話にしてくれると、8割がたわかった、って言うんです。
聞こえない人たちにとって、言葉の壁はとっても低いのですね。
  • posted by まじょり 
  • URL 
  • 2009.02/13 18:29分 
  • [Edit]

鍵コメRさんへ 

Rさん、ありがとうございます。
うん、そうみたいです、手話って英語よりの文法らしいです。
わたしもこれから勉強するので
詳しいことはわからないのですが・・・
どうしよう、英語は若干苦手意識が・・・。
Rさんは、英語、好きですか?(^^)
周りが騒々しい場所や、話したい人と距離がある場合は
手話ってとっても便利ですよね。
秘密の暗号みたいで、かっこいいし(^^)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.02/14 00:12分 
  • [Edit]

ワクワクドキドキさんへ 

ね、ちょっと変ですよね。。。
あの条件で見つかったかどうか・・・???永遠のナゾです。

日本の福祉は、後退しているという部分も多分にありますよね。
お金の問題なんでしょうけれど
国防をアメリカにかなり頼っている分、
一体どこにお金が消えているのか
不思議です・・・。
もしも、日本が自分の国は自力で防衛することになったら、
日本はもしかしたら先進国から脱落するかもしれませんね・・・
なんて物騒なことを考えてしまいました・・・
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.02/14 00:15分 
  • [Edit]

まじょりさんへ 

> このブログに限って、んなことはないって?イヤー楽しみですな。

(^^;)そう・・・一件落着なはずなのですが
実はまだまだこの先のイロイロな出来事のちょっとした前振りでもあるので
もうしばらくピソ探しにお付き合いくださいませ。

伝統的手話にしてくれると、8割がたわかった、って言うんです。
> 聞こえない人たちにとって、言葉の壁はとっても低いのですね。

8割もわかっちゃう?!
それってすごいことですよね。
世界がぐんと近く感じられます。
もしかして世界中が手話を基礎知識として持っていたら、
あとは英語をそこにプラスすれば
かなりコミュニケーションが楽しくなりそうな気がします。
イッツアスモールワールド、ですね!!(^^)
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.02/14 00:21分 
  • [Edit]

え~っ?? 

ちょうど良かったーって、同居人候補でしょー??って感じですね。
プールありでもそりゃないよ!!ですね。

日本語対応手話と日本手話と言うのがあるのですね。
私が、少し教えていただいたのも日本語対応でした。
日本語対応の場合、ひらがな変換で
単語を伝えたりしてひらがなを覚えないと理解が出来ない不便さがあるのですよね~。
それでちょっと理解、聾学校で手話を使わないようにって言うのをよく聞いて???だったのですよ。
もしかしたら、日本手話だったのかも?
統一したら?って思います。
出来れば障害者の方により使いやすいように、そして健常者も覚えやすく使いやすいように。
  • posted by らいち 
  • URL 
  • 2009.02/14 07:37分 
  • [Edit]

らいちさんへ 

「え~っ」でしょ、でしょ。
同居人は召使いじゃないよ~う。
って感じですよね。


> それでちょっと理解、聾学校で手話を使わないようにって言うのをよく聞いて
???だったのですよ。
> もしかしたら、日本手話だったのかも?

そうそう!そこなの、重大な問題は!!そこなのです。
ろうの人たちにとって「日本手話」はナチュラル言語なのに
聾学校では「世の中に出てから、口話が出来ないと困るから」って
「日本手話」を禁じたんです、何年も前に日本政府が!!!!!
がぼ~~~~!

っと叫びたくなっちゃうでしょ!

それって、
わたしたちが「将来、英語が出来ないと困るから」
って言われて、
学校で「日本語禁止」で
授業も日常生活もぜ~んぶ「英語」で暮らせ、って言われたみたいな状態かと
想像しました。
それでもまだ、わたしたちは耳が聞こえるから不可能じゃないけれど
ろうの人たちの「日本手話」を禁じるって、ひどいよね!!

それで、世の中には「日本語対応手話」と「日本手話」とがあるんですよね。
ろうの子たちは、
仲間の中で話すときは生き生きと「日本手話」で話すのに、
聴者と話すとき、大勢の人の前で発表するときなどは「日本語対応手話」になってしまう
(しかも無意識にそうなってしまう
という不思議で難しい問題も起きているのです。。。。
  • posted by ひつじのメイ 
  • URL 
  • 2009.02/16 11:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

初めての方へ

スペイン・バルセロナ留学絵日記は続きものの記事です。今までの経緯をお知りになりたい方は、お時間のあるときに、下記カテゴリの「スペイン・バルセロナ留学日記」を過去記事から順にお読みいただけると幸いです。>
絵の上にカーソルをあわせるとメイがぼやいてるよ・・・
当ブログ内の全ての文章・イラスト・画像の著作権は放棄していません。

登場人物紹介・簡単なあらすじ紹介

【本編】バルセロナ留学絵日記目次

絵日記を最初から順番に読む


第1章
「部屋がな~~い!!」

(1) (2) (3) (4) (5) (6)
(7) (8) (9) (10) (11) (12)
(13)

「あらしの夜に・・・」

(14) (15) (16) (17) (18)
(19)

「なんとかしなきゃ」

(20) (21) (22) (23) (24)
(25) (26) (27)

「もう一歩、前へ」

(28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)
(35)第1章 おわりに

第2章
「これがカルチャーショック?」

(36) (37) (38) (39) (40) (41) (42) (43) (44) (45) (46) (47)

「ラビリンスへようこそ」

(48) (49) (50) (51) (52) (53) (54) (55)

「真夜中のダンスホール」

(56) (57) (58) (59) (60) (61) (62)

「でも、僕らは違う」

(63) (64) (65) (66) (67)
(68) (69) (70) (71) (72)
(73)第二章おわりに

第三章
「SOMOS LOS TUTORES」

(74) (75) (76) (77) (78) (79) (80) (81) (82) (83) (84) (85) (86) (87) (88) (89) (90) (91)

スペイン留学豆知識

最新記事

右サイドメニュー

CalendArchive

このサイトを友人に教える

お気に入りに登録

クリックひとつであなたのPCのお気に入りに登録完了です

プロフィール

ひつじのメイ

Author:ひつじのメイ
こんにちは。そしてようこそ、ひつじのメイのブログへ。
管理人は、絵を描くのが大好きな育児中のママです。
最近ワコム製のペンタブレットを購入したのをきっかけに絵ブログを始めました。
留学していたのはちょっと昔です(20代の頃です)。その頃の思い出を綴っています。

お問合せはこちらへ

お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事には少々お時間がかかることもございます

検索

気になるキーワードを検索

カスタム検索

飛行機に乗って

あなたのアイコンで飛行機の方向を変えてみて。 世界各都市に行ってみよう。いまの時刻がわかるよ。 (あっ、残念!バルセロナはないね~)

おすすめサイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。